うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

図説・ゼロからわかる西洋絵画入門: 岡部昌幸

 図説・ゼロからわかる西洋絵画入門: 岡部昌幸著のレビューです。

図説・ゼロからわかる西洋絵画入門

図説・ゼロからわかる西洋絵画入門

 

 ★本が好き!の献本書評。

 

美術の時間ぼーっとしいてた人、社会人入門してみよう♪

 

小さいころから、絵が下手です。
大人になったから少しはましになったか?
と、試してみたくなり、ある年、絵の具とスケッチブック片手に

旅に出た。
今はもう見られない震災前の陸前高田の海をサラサラと描く私。
(グラデーションが上手く行かず、色を重ねに重ねた末、やむなく水彩画が油絵のようになるという新技法が生まれる)

結果・・・いい笑い者になっただけで成長のかけらも

見られなかった。
人は褒めようがないときに「個性的」と言う言葉を用いることも

この時知った。

「描けなくたって鑑賞はできるぞ!」と、意気込んだわけだけど、
実はそれほど深い知識もないわけでして・・・。

という悲しい過去を引きずりながら、辿り着いた嬉しき献本!
ありがとうございます。さっそく入門させていただきました。

本書は誰もが知っている有名どころの画家の技法や構図などが

解説されている。

もしかしたらこのあたり、真面目に美術の授業を受けた

人にとっては習ったことなのかも?と、自分の薄い記憶を

ジリジリと呼び起こすが、
私にとってはどうも初耳のことばかり。

一体自分は何をしていたのか?と
冷や汗は出るものの、楽しく授業を受けている気分で読みました。

特に画家たちの人物像や人間ドラマが楽しかったです。
一人一人、プロファイルなるものが掲載されているのですが、
何歳まで生きて、どんな病気で亡くなったのかとか、
家族構成、性格など、ちょっとした情報を得る事により
少しずつその画家に親しみが持てる感じでした。

やっぱり人間ドラマは必要です!!
波乱が多いほど、その人の描いた作品から解らないなりに何かを
感じ取ろうとする自分が生まれてくるじゃありませんか。
何も知らないで眺めるのとではやはり違うものですね。

 

美術の蘊蓄がちょぴっと語れるようになる。

 

さて、本書を読むと、こんなことがスラッと答えられるように

なるざます。

【問題】
①(  )は、親友の妻を略奪婚。大スキャンダルを起こしました!
ゴーギャン35歳まで、有能な(   )マンだった。
③(  )は、才能豊かで、物腰優雅、性格も優しいモテモテ

 

美男子!

上記の問題、お酒の席で薀蓄を語るウザったい人になり兼ねない
危険性はあるものの、さりげなく披露をすれば、そこそこ美術に
詳しい人に見えるかも(笑)

また、「ルノワール展開催」なんて記事を見たら、
「パレットを取ってくれ」って最後に言った人だな、ルノワールは。
・・・てな具合に、画家の名前から連想されることが具体的に

なると思うのです。ということで、私もたくさんの画家から

刺激を受け、絵を描きたくなった。・・・なーんてことは

一切ないのですが、紹介された一部の絵画については

「ちょっと知っている人」になり、いい気分です♪

絵画鑑賞やテクニック的なことよりも、やはり人物像のほうへ
興味が行ってしまったきらいがあるが、そういう愉しみ方も
この本は出来るってことをお伝えしたかったのです。

やっぱり絵画は見るより読むものかも!?
(と自分のダメっぷりを露呈して退散)

※クイズの答えは本書にて(笑)