うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

黄色い雨:フリオ・リャマサーレス

黄色い雨:フリオ・リャマサーレス著のレビューです。

黄色い雨

黄色い雨

 

 ◆縁ある人にはきっと手元に届く本だろう・・・
   そんなことすらも感じてしまうような深い1冊。

 

最後のページを閉じると、思わず大きく深呼吸。
しばらくなにもせずボーっとしていたい感じと、
早く頭を切り替えて今の生活に戻りたい気持ちと、
なんだかとても複雑な気持ちのままでいました。

すごい小説なんだと思う。

実際読むのが辛くて毎日数ページずつしか読めなかったし、
この本を読んで寝ると得体の知れない怖い夢をみた。
そんな思いまでして読むことないのに…と思うのだけど、
廃村した村で雌犬と暮らす老人のあの静かで孤独な生活が、
自分の中でいつしか日常になるような感覚が妙に心地よくなって、
数冊枕元に積んである本の中から進んでこの本を深夜に
読む生活が続いた。

「死」に関してビジュアル的に深く心に刻まれた
藤原新也さんの「メメント・モリ」に対して、
こちらは忍び来る「死」というものをただ文字という形のみで、
生きる者の中に平然と侵入してくるものがあった。

あぁ、なんて小説なんだ。

物語は朽ちた村でやがて訪れる死を想いながら、
たった一人で暮らす男の話。
雌犬と暮らす毎日はすでに生きていながら無力感が漂い、
やがて家には亡霊までもが現れるようになる。
そして、男は昔を回想しながら死期を待ち続ける。

後半になればなるほどしんどくなるんだけど、
ページをめくる指が止まらない。変な言い方だけど、
この老人を看取ることになるだろうという気持ちを抱え、
残り少ない日々をこの老人と過ごすのだ…という覚悟と
一体感すらも生まれていた。

孤独・寂しさ・哀しみ・恐怖心、そして記憶。
そういう人間の持つ感情のずっとずっと奥深い部分に
踏み込んだような気がしています。

普通の生活をしているとなかなかこんな世界は考えもしない。
だからこそ、この本を読んだことは何か自分には
意味があったのだと思う。

縁ある人にはきっと手元に届く本だろう・・・
そんなことすらも感じてしまうような深い1冊でした。