読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

ふなふな船橋:よしもとばなな

 ふなふな船橋よしもとばなな著のレビューです。

ふなふな船橋

ふなふな船橋

 

 

◆ばななとなしのコラボ!?

 

よしもとばななさんが、ふなっしー好きで、
ふなっしーと仲良しだと言うことは知っていたけど、
まさか小説にふなっしーを登場させるとは思ってもみなかったので、
一体どんなおはなっしーなのか大変興味があった。

もっと「梨汁プシャー」な感じかと思ったのですが、
なんというか、ばななさんの世界にそっと寄り添う
ふなっしーという感じで、梨の妖精というキャラクターが
いい感じで描かれているんですねぇ~。
こんな風に小説にしてもらえたふなっしーは幸せ者だよ。

さて、今回も悲しい家庭環境の少女や女性たちが、
少しずつ元気になってゆく話です。

父が借金で夜逃げをしてしまい、母は再婚相手と
新しい家庭を作るという状況下に立たされた主人公の花。

母親は自分たちとの同居を望んだが、
彼女は母と別れて住む選択をし、叔母さんの住む
船橋のマンションに越して来た。
母親が買ってくれたふなっしーのぬいぐるみと一緒に。

船橋の叔母のマンションの部屋は過去に悲しい事件が
あったという事故物件。そうとは知らずに生活をしていた
花はやがて不思議な夢をみるようになる。

その夢をさかいに、偶然なのか必然なのか・・・
恋人との別れや新たな人々との出会いから、
別の世界が見え始め花の生活が全然違うものになって
また動き出す。

両親との別れ、母親の死、父親と叔母の関係、恋人との別れ。
花は結構な辛いことが確かに続いている。

 

◆友達と心の拠り所になるものは最強の元気の素

 

そんな時に彼女を包んでいたのは、親友の存在と
いつもキラキラした目をしたふなっしーの存在。
ぬいぐるみだから何かをしてくれるわけではないけれど、
ふなっしーは大好きだったお母さんと繋がっているような
感覚を運んで来てくれ、花の大きな心の拠り所と
なっている。

表面だけでは人が幸せか不幸かは決してわからない。
色々あるのは自分だけではなく、穏やかに暮らしているように
見える友達にもいろいろあったのだということに気づいたとき、
なにかパン!と花の人生が開けてゆくような感じが良かったなぁ。

あと、好きな町で人生を歩むっていいな~って思った。
船橋はよく知らない土地だけれども、花を通して
好きな町で暮らすことっていいもんだなぁーとしみじみ
思ったのである。

事故物件なんてとかく怖い話になりがちなのに、
死者と寄り添い共存している感じは
もうばななさんの定番と言っても過言ではない。

そして、梨の妖精ふなっしーも大活躍!
淋しいとき、辛くて眠れないとき、
幾つになっても心の拠り所になるものの存在はとても大きい。
それがたとえなにも語ってくれなくてもね。

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com