うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

伴侶の偏差値:深沢潮

 伴侶の偏差値:深沢潮著のレビューです。

伴侶の偏差値

伴侶の偏差値

 

 

◆女友だちへ向ける目がリアル

 

「ハンサラン 愛する人びと」が面白かったので、
深沢さんの作品を制覇したい意欲が!

深沢さんの描く人間模様は決して温和な関係ばかりではなく、
人間の持つ嫌な部分、意地悪な部分なども露出されていて、
心の闇を覗くような感覚がもてる作品であるなーと感じる。

まったくの個人的な感想ですが、マイルドな窪美澄さんの
作風と言った具合だろうか。この読み心地はなんだろう?と
考えているうちに、窪さんに行き当たった。

「伴侶の偏差値」というタイトルから、妻が夫のランク付けを
するという意地悪な話なのかと思っていたが、実は夫を
評価する類のものではなく、女性の内面を掘り下げてゆく
小説であります。

35歳、独身の真紀は母とふたり暮らし。
大学時代の友達佳乃は子育てに忙しく夫の家族と同居。
未央は離婚後も仕事も恋愛も自由な生活をしている。

真紀はこの女友達のリア充ぶりを観察しつつ、
自分の現状と比較する。
このあたりの真紀の女友達へ向ける目が辛辣で・・というか、
えげつないんですが、ガシガシ読んでしまうのですな、これが。

蔑んだり、羨ましく思ったり・・・普通にカフェで会話しているが、
女友達へ向ける真紀の感情は、天気のようにコロコロ
変化しながら自分はどこへ向かって行くのか模索する。

真紀は不誠実な嫌な男との付き合いも止められず
日々を過ごしているのだが、やがて震災が起こり
状況も変化してゆく。

30代女性の様々なパターンがこの本には詰まっている。
独身、既婚、離婚歴あり、と、みんな自分で選んできた
道ではあるけれど、自分と違う道を歩む友だちの状況が
気になり意識してしまう。
「自分は自分」と割り切れないものがくすぶっている
微妙な年代だ。

本書はそんな苛立ちや不安が如実に描かれ、
どんどん深みにはまってゆく感じがむしろ面白い。

震災を境にパートナーとの関係性が変化したという
話はよく聞く。結婚する人も多かったし、その反対に
離婚した人も多かった。

真紀もこの震災をきっかけに、付き合っていた
男性との関係に疑問を抱き、やがて自分にとって
必要なものを見出してゆく。
彼女の見つけたものはいかに?

深沢さんも「女による女のためのR-18文学賞」を
受賞されている作家さん。
窪美澄さん、朝香式さん、彩瀬まるさん等、この文学賞
自分は相性がいい。
人間のちょっと痛い部分をツンツン突いてくる作品たち。
深沢さんもきっとそんな世界をこれからも描くのではないかと
感じています。今後も注目してゆこうと思う。

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com