読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

オークブリッジ邸の笑わない貴婦人:太田紫織

 オークブリッジ邸の笑わない貴婦人:太田紫織著のレビューです。

オークブリッジ邸の笑わない貴婦人: 新人メイドと秘密の写真 (新潮文庫nex)

オークブリッジ邸の笑わない貴婦人: 新人メイドと秘密の写真 (新潮文庫nex)

 

 

「完璧なヴィクトリアンメイド」募集あり!

 

メイドものの読み物が好きで、ついつい手が伸びてしまう。
ということで、表紙を見て即読むぞ―と決めた一冊(笑)

「完璧なヴィクトリアンメイド募集」
派遣家政婦の鈴佳のもとにこんな依頼がやって来た。

ん?メイド喫茶?メイドのコスプレかなんか?
と思いきや、依頼主は老婦人。しかも場所は北海道の旭川

これはちょっと風変わりな設定です。

老婦人の家は19世紀の英国のお屋敷を再現したもので、
そこで鈴佳はメイドとして雇われることに。

お屋敷での仕事はまるまる19世紀のメイドそのものの世界。
衣装はもちろん、メイド部屋から習慣、食生活等々、
笑ってしまうくらい徹底的に当時の生活様式を再現している。
鈴佳は名前までも「アイリーン」という西洋の名前で呼ばれることに。

現代人が当時の生活をするということは、それはそれは
大変だということは想像通り。
おまけにこの老婦人である奥さまが気難しい人で、
数々の難問を与えて来るのです。

奥さまの孫である執事のユーリ、近所の農家のスミス夫人、
料理人のウィスタリアと共に忙しいながらもやがて
メイドとして奥さまに仕えることに喜びを覚える鈴佳だが・・・。

 

◆なぜ老婦人はこの生活を望んだのか?

 

やがて話はなぜこの老婦人がこのような生活を望んだのか
ということに焦点が当たる。この老婦人に隠された過去とは?

本家のヴィクトリアンメイドのように重々しい雰囲気でもなく、
ライトな読み心地で楽しめる。
大人の大掛かりな「メイドさんごっこ」のような世界。
ドタバタと一波乱起きるけれど、さほど深刻にもならず
サラッとサラッと読了。

続編が出るとか出ないとか?
読みたいかと言うと・・・それはちょっと微妙なんだなぁ。

読んだそばからスルスルと消化しちゃうような感覚なので、
もう少しなにか奥行きがあると良いのだけれども・・・。

重い小説を読んでいてちょっと疲れた~って時に
開く本として丁度いい感じだったかな~と。