うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

イカ干しは日向の匂い:武田花

 イカ干しは日向の匂い:武田花著のレビューです。

イカ干しは日向の匂い

イカ干しは日向の匂い

 

 

ただただ花さんの世界に浸る

 

武田花さんのエッセイ、3冊目です。
何冊読んだってそんなに感想が大きく

変化するようなものはありません。

「ただただ花さんの世界に浸るというスタイルで読む」

というところに辿りついています。

 

相変わらず、たくさんの猫たちと目を合わせ、

寂れた田舎町を気の向くままに歩いて、
演歌を高らかに歌う女の声に足を止め、
昼間の寂れた飲み屋街の看板を仰ぎ見て、
また猫を見て・・・。

 

そんな写真たちをのんびりのんびり眺めながら
わたしも一緒に旅をする。
そして、花さんのエッセイを読んでくすりと笑い、足を進める。

その繰り返しなんです。花さんの本は。

 

田舎町でそうそう面白い出来事が

あるわけもないだろうと思うわけだが、

花嫁を見たすぐあとに、葬式の行列に出くわすなど
都会ではあまり見られない光景に出合ったり、

突如、インド旅行の強烈な話が登場したりと、

エッセイの方はちょっとハラハラするシーンもあって

それがまた楽しかったりするのです。

 

ふらふら~っと、知らない町をひとまわりして、
寒くなっってきたから、もう帰ろうか?

いつでもそんな余韻を残すエッセイは、
一日の疲れを取ってくれる魔法のお酒が、
ほんの少し含まれているような読み心地なのです。

 

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com