読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

ひょうたんブック :野村麻里

本の紹介(社会・地域研究)

 ひょうたんブック :野村麻里著のレビューです。

ひょうたんブック

ひょうたんブック

 

 

 

◆ボッ・キュ・ボン 形も可愛い ザ☆HYOTAN

 

 

図書館の新刊の棚に、ひょっこり鎮座していた1冊。
開いたところ、ちょうど「崎陽軒のしゅうまい」の

醤油入れ「ひょうちゃん」がズラリ~ズラリ~。

ぎゃお!あまりの可愛さに他のページは見ずに借りてきました。

というか、「ひょうたん」関係だけで本が1冊成り立つってスゴイ。
おかげで、「ひょうたんヒストリー」なるもので、

歴史から学ばせていただきましたよ。

 

故郷は北アフリカ。モロッコ、エチオピアあたりが

原産とされるらしい。
日本は福井県鳥浜貝塚から出土されたとのことだ。

そして、ひょうたんはお酒を入れるうつわだったそうです。
だから、居酒屋やおでん屋など、お酒を出す店の屋号や

マークに使われることが多いんですね。

 

・・・と、難しい由来などはこのくらい解ればいいや~

くらいの感覚で、メインのひょうたんグッズや

食べ物の写真に目を移す。

 

どれを見てもひょうたんの形ってほのぼのしますよね。
植物界の「癒し系」ですよ。

 

 

◆ひょうちゃんは 先輩だった!

 

 

で、話は戻りますが「崎陽軒」のアレ。
ひょうちゃん、うちにも幾つか集まっていますが、
「愛されて58年」ですって。
なんと、大先輩ではないか!「ちゃん付け」で呼んで良いのか?

漫画家・横山隆一によるひょうちゃん誕生は昭和30年。
本体は愛知の瀬戸製。口の部分は平成8年にコルクからゴムへ。

 

創業80周年記念のひょうちゃんは、オサムグッズで有名な
原田治氏のデザイン。めっちゃ可愛いです。家にあるかな~。

 

あと、ひょうたんと言えば…この本で思い出しましたよ。
憎き「かたぬき」を(笑)

縁日に登場する「かたぬき」のひょうたんも、難易度を

つけるために様々な種類のひょうたんがあったのですね。

今でも100枚630円で買えるそうですが…ってことは、
縁日のかたぬき屋さんって相当儲けていたんだな…

なんてことも発見しました。ちっ。

 

ということで、上品なひょうたんから、

キュートなひょうたんまで、ひょうたん一色、

ひょうたん三昧な1冊でありました。