読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

現代語訳 樋口一葉「十三夜 他」: 樋口一葉

本の紹介(女性作家は行)

 現代語訳 樋口一葉「十三夜 他」: 樋口一葉著のレビューです。

 

◆当時の「離縁」の難しさがひしひしと・・・

 

 

う~~ん、これは、辛い辛い話でありました。

 

「玉の輿」とも言える原田家に望まれて嫁いだお関。
後継ぎも生まれ、一見順調に見えた結婚生活も、

「釣った魚にえさをやらない」を絵に描いたような

旦那に耐えきれず、ついに実家に帰るお関だが…。

 

離婚することを両親に告げようと訪れた実家。

しかし、なかなかこのことが言い出せずにいる

お関を見ていると、こちらも胸苦しくなってくる。

 

そして、ついに話しを切りだしたお関。
母親はお関の話に大いに同情しますが、
父親は同情はするけど、弟の出世、義理の息子のことを考え、
結婚生活を続けるよう諭します。

 

また一度離縁したら子供にも会えなくなると父は言います。
「同じように不運に泣くのなら原田の妻のまま泣け」と。


お関は父の言葉を受け、辛抱する道を決め、人力車に乗ります。
その人力車の車夫は幼馴染の録之助。
かつての想いにお互い浸るのだが…。

 

なかなかじれったい時代ですよね。
自分の結婚なのに、親や弟のために耐えなければならない

という理不尽さ。

 

こんな話は恐らくこの時代、

どこにでもあった話なのでしょうけど、
我慢の先に何か光が見えて来るのでしょうか?

 

辛抱妻と、離縁した妻のその後…みたいな本があると良いなぁ。

一葉はこういう話を作るベースになるものは

どこから得たのでしょうね。
独身で生涯を終えたわけですから、厭な感じの旦那さんが

居たということもないのに、厭な旦那さんを書くのがピカイチ。

それだけ、厄介な旦那さんを方々で見かけた

ということでしょうか。

 

なんとなく今回は靄がかかった感じで終わってしまった。
お関さん、がんばって!