読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

チョコレータひめ :もとしたいづみ,樋上公実子

 チョコレータひめ :もとしたいづみ,樋上公実子著のレビューです。

チョコレータひめ

チョコレータひめ

 

 

◆触れるものがすべてお菓子に変わる!?

 

 

お菓子の名前のお姫様がいたなんて!

「なりたいものは何?」って訊かれたら、「チョコレータ姫!」と

思わず答えてしまいそうなほど魅力的なお姫さまだなぁ・・・。

さてさて、その実態はどうなのでしょうか?


チョコレータルトタタンババロアクッキーゼリーケーキマカロン
マドレーヌプリンパフェキャラメルキャンディーアイスクリーム

 

って!!
これ、食べたいものを並べたのではなく、お姫さまの名前。
これまで読んで来た本のなかで一番長い名前の主人公だわ!
で、ながすきるので、チョコレータ姫って呼ばれて

いるんですって。

 

チョコレータ姫はおかしを食べるのも眺めるのも好き。
お城にはお菓子職人が何人も雇われています。
それでも姫は「もっと珍しい美味しいお菓子が欲しい」と

願います。

 

ある日お城に風変りな男がやって来て、
触れるものがすべてお菓子に変わるという
魔法のチョコレート「アステーオ」を姫に渡します。

魔法は本当で、そのチョコを食べた姫の周りのものは

どんどんお菓子へ。

しかーし、コインも王さまの冠も……
姫の話相手、お菓子職人のカカオまでもが。

 

触ったものがお菓子になるのはすごく楽しそうだけど、
エライことになりそうだ…とちょっとハラハラしながらも

愉しめました。

 

本書はとにかく絵が素敵。樋上公実子さんの絵は

本当に見とれてしまう。

トロ~ンとパンケーキから流れるメイプルや、
色彩鮮やかなお菓子たちが装飾品のように

キラッキラしています。

 

お城中が一時は大騒ぎになり、お姫さま、もうお菓子は

こりごりでしょ?と、思ったのですが、お姫さまは

どこまでもお姫さま。騒ぎが収まっても涼しい顔をして、

甘いもの好きは変わらず続くのです。

そこがまたいいんだなぁ。

 

 

◆自立したお姫様に好印象

 

 

いわゆる人任せのお姫さまじゃなく、

自分でどうにかしようとするあたりが、
なかなか共感がもてるお姫さまでもありました。

 

だから結婚相手は・・・
王子さまはやはり登場しないけど、心温まる

ハッピーエンドが待っていました。

 

これを読んで甘いものはしばらくいいか…と思いきや、
私が次に手にした本はan・anの「おやつカタログ決定版」

という特集号!食いしん坊はこんなもんです。懲りません。

 

そして…
しっとりしたロールケーキのまくら、

ふっかふかのパンケーキのベッドで、
甘くておいしい夢をみようと、どこまでも甘いお菓子に

包まれたいと願うのです。