読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

イスタンブルで猫さがし:新藤悦子

 イスタンブルで猫さがし:新藤悦子著のレビューです。

イスタンブルで猫さがし (ノベルズ・エクスプレス)

イスタンブルで猫さがし (ノベルズ・エクスプレス)

 

 

 

◆ちょっとミステリアスなワン猫とは?

 

 

新藤悦子さんのトルコを舞台にした小説はこれで2冊目。
今回も楽しかったなぁ~。

 

タイトル通り猫を探す話なのですが、
ちょっとした観光と美味しいトルコ料理
随所に登場するので、頭の中がトルコ一色になってゆき、
いつしか登場人物たちと一緒にイスタンブルの街に
自分も居るような錯覚が。

 

行ってみたい、食べてみたい、会ってみたい。
お話から盛り上がる好奇心!いいもんですね。

 

さて、内容は父親の転勤に着いて来た愛。
本の学校での人間関係に疲れていた愛は
逃げるようにここイスタンブルにやって来た。

 

外国の生活が長い未来と、
トルコ人の父と日本人の母の間に生まれ、
イスタンブル育った勇人と出会う。

 

物語は勇人が可愛がっていたワン猫が行方不明になり、
3人で情報収集をして、イスタンブルの町を探し回るという話。
猫を探すことによって3人は友情を深めてゆく。

 

学校の図書館本に挟まったメモからはじまる
3人の少年少女たちの話は、育った環境の違いや
各々の悩みを交え、少しずつ「成長」と言う扉を
開いてゆく感じで心地よい。

 

そしてそして、何と言ってもこの物語を光らせるのは
神秘的なワン猫の存在。

 

私はてっきり物語の中だけの猫だと思っていたのですが、
試しに検索したら、ひやー本当に居るんですね、ワン猫って。
左右、緑と青の目、泳ぐのが好きなワン町にいるというワン猫。
この猫、トルコでしか見られないんですって。

 

愛もこの猫を見たいという口実でやって来るのですが、
いやぁ~本当に珍しい。私も一度は見てみたい!

 

さて、ワン猫は何処へ・・・。
ラストシーンに彼らが見たものは、それはそれは神々しくて
なんだか格好いいぞ!

 

というわけで、ワン猫というちょっと変わった猫の存在を知り、
本を閉じた後まで興奮状態でした。

 

そうそう、忘れてはならぬ脇役の愛のお父さんも
なかなか良かったですよ!

 

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com