読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

刺繍 イラン女性が語る恋愛と結婚 :マルジャン・サトラピ

刺繍 イラン女性が語る恋愛と結婚 :マルジャン・サトラピ著の

レビューです。

刺繍 イラン女性が語る恋愛と結婚

刺繍 イラン女性が語る恋愛と結婚

 

 

◆「陰口をたたく、それは心の換気よ」 
  さぁ、イラン人女性たちのガールズトークを覗いてみませんか?

 

 

ガールズトークってやつは、国境越えちゃう面白さが

ありますねぇ。私もすっかりこの女子会の一員になった

気分で読み終えました。

これから読む方は、お茶を用意して参加すると、

より一層一体感が持てるはずです。

 

本書はパーティの片づけ後、9人の女性のたちが

「茶飲み話」をはじめます。

結婚適齢期の女性から祖母の年代までと幅広く、

一貫して女性たちが関心をもつ話題が繰り広げられます。

(経済的階層は上流から中流の生活に困っていない階級層)

個性あるグラフィックがなんともこのストーリーに

マッチしています。

 

イランの女性たちが持つ恋愛観・結婚観や男性の浮気問題など、

とにかくズバズバと会話が展開され、全く飽きることなく

続きます。

 

特に親の言いつけでの結婚や、処女性の重要視、

ヨーロッパで暮らすイラン人男性との結婚や憧れ・

そして失敗等々…、イランの女性たちの価値観・日常・

風俗などが気づけば自然に頭の中に入っているという…優れ本。

 

とにかく、とにかく、方々から「本音トーク」や

「下ネタ」が飛び込んでくるので、一度本を開いたら

最後まで一気に読みたくなるはずです。

 

色々面白い箇所を引っぱり出してここに書きたいのですが、

女性達の雰囲気と、テンポあっての会話の流れを

崩したくないのと、ネタバレしたくないので控えます!

 

最後にこのタイトルの「刺繍」。 

何故にこのタイトルか不思議に思っていたのですが、
途中で意味を知り「これはまた!」と、軽いめまいが(笑)

 

個人的にはこの雰囲気と独特なグラフィック、

どちらも好みで楽しい時間でした。


男性より女性におすすめかな。

男性が読むにはそれなりの覚悟がいるかも!?

 

マルジャン・サトラピ ──イラン生まれでフランス在住の漫画家