読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

桃子:江國香織

本の紹介(絵本)

 桃子:江國香織著のレビューです。

桃子

桃子

 

 

 

◆あまりに恋にのめり込むと…

 

 

あまりに恋にのめり込むと……
魂までもどこかに抜かれてしまい……
そして二度と戻って来られなくなるかもしれない……

 

そんな魂を抜かれたような恋愛をしたことがありますか?

人は大なり小なり恋にのめり込む時期があると思います。


その時に見える景色、匂い、音、全てが今までとちょっと違う
フィルターがかかったような世界になり、多幸感に包まれます。

 

しかし度を過ぎると、もしかしたらこのお話の世界のような

こともあるかも知れないよ。
と、ゾワゾワとした気分させられるお話です。

 

19歳の修行僧と7歳の娘の恋。
それは、一途でひたむきではあるのですが、どこか刹那的で、
いつか消えてしまうだろうという危うさが付きまとっています。

 

やがて、この二人は二人で暮らしたいと願い出るがそれも叶わず、
離ればなれになります。
少女がお寺を去る時に、修行僧は本堂にこもり黙々とお経を

唱えて居ますが、なっ、なんと…その修行僧の頭から…

年取った僧が最後にこう語りかけます。

 

のう、お客人。人を恋するということはえらいことですわなぁ。ほんとうにえらいことですわ。

 

 

恋にうつつを抜かしている時、案外こんな光景が他人には

見えているのかも知れません。
やはり恋は人を狂わす何かが潜んでいるのかも…。

 

短いお話ですが、インパクトがあります。
挿絵も色彩豊かで力強いです。

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com