うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

Pen2016年 2/15号 [みんなのスヌーピー]

 Pen2016年 2/15号 [みんなのスヌーピー]のレビューです。

Pen(ペン) 2016年 2/15号 [みんなのスヌーピー]

Pen(ペン) 2016年 2/15号 [みんなのスヌーピー]

 

 

◆近づいて来るスヌーピーミュージアムの

       気配をたっぷり感じさせてくれる特集! 

 

 

またこの人、スヌーピーをグイグイ推してくる書評

書いてるな・・・・と言われるのを覚悟の上、

今回も「スヌーピー愛」を語らせて・・・(嘘です)

 

しかし、書いているうちにスヌーピーへの想いが
溢れ出してしまう可能性があります。ご了承くださいませ(笑)

 

さて、今春4月に六本木にスヌーピーミュージアムが、
期間限定ではありますがオープンします。
それに先駆けての特集を組んでくださった「Pen」。

 

「みんなのスヌーピー」というタイトルにはやくも

胸がきゅんきゅん。「みんなの」ではなくむしろ

「わたしの」と叫びたい!

 

スヌーピーの故郷・サンタローザの記事から始まり、
スパーキーの仲間達の素敵な笑顔の嵐に包まれウルウル。

 

世界のコレクターたちの集めたスヌーピーグッズを

食い入るように眺めてはニヤニヤ。

 

スヌーピーの哲学的な言葉にフムフム。

 

そうそう、スヌーピーの赤い屋根の小屋。
あの中が地下室になっているということを

みなさんご存じでしょうか?
コレが結構広そうなんですよ~。

(イラストで部屋が公開されてます)

 

変装クロゼットや書類保存庫やスポーツ用品置き場

まであるほど。そして、図書室も!!

 

スヌーピーが小説を書いていることは知っていたけど、
愛読書が何かまでは知りませんでした!


戦争と平和」や「グレートギャツビ―」を愛読する

読書家なんですって。

でも・・・一度の読書で一語しか読まないって~

どういうことだ(笑)
相変わらずお茶目なスヌーピーにクスクス。

 

んもう~
君は私がどんなときにも近くにいて気持ちを明るくしてくれる

存在だなぁ・・・。と、こういった特集を読むたびに

再確認するのです。
やっぱり「わたしのスヌーピー」に改題したい(笑)

 

こうして読みながらスヌーピーへの想いが高まる、高まる。
ミュージアムのオープンが本当に待ち遠しい。

 

本書によるとミュージアムは2018年9月まで開催予定。
半年ごとに企画展を更新してゆくそうだ。

 

思い切りシュルツ氏の空気が感じられる展示品の数々に
再び会いたくてソワソワ。

 

近づいてくるピーナッツたちの気配を感じながら

待つ春は心浮き立つものがある。(ワクワク♪)