うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

二重生活:小池真理子

二重生活:小池真理子著のレビューです。

二重生活 (角川文庫)

二重生活 (角川文庫)

 

 

◆文学的・哲学的尾行とは…

 

 

尾行されていた!
しかも、ご近所さんに…。

 

大学院生25歳の珠は、大学の講義でフランスのアーティスト、

ソフィ・カルの「文学的・哲学的尾行」に触れる。

これは一体どういうことなのかと興味を持つようになる。

 

そして、ある日、たまたま見かけた近所に住む出版社に

勤める妻子持ちの石坂を尾行してしまうことから、

話が展開して行きます。


この男性はそう、浮気してるんです。

 

愛人に見せる顔と家庭での男の姿など、小池さんにかかると

本当に自分までもがコソコソその様子を覗き見している

気分になり、「やだ、あたしったら…ちょっとこの状況、

楽しんじゃってるし…」と思いつつ全く読む手が

止まりません。

 

しかし、そんな私のような好奇心いっぱいの読者をよそに、
珠は、黙々とソフィ・カルの言う「特に目的を持たない尾行」を

進めていくのです。


尾行をしながら、珠自身も恋人に対する疑惑、不安、嫉妬を

重ねて行く。

 

ストーカーと紙一重的な部分はあるのですが、なんの関心もない

相手への尾行であるので、不気味さや怖さはあまり感じない

のですが、一体、この話はどこへ行き着くのか…この部分が

ずっと気になるのです。

 

私はこのソフィ・カルという人物を知らなかったのですが
パリで見かけた人をヴェネツィアまで追いかけて行くほどの
尾行癖があるとのこと。

世の中には本当いろんな人が居るものだ。

 

「本当の話」に収録されている「ヴェネツィア組曲」「尾行」

「本当の話」の3編はこの小説のソフィ・カルの関連本で

面白そうです。

 

人には言えない秘密を、知らないうちに、知らないだれかに、
ひっそり尾行され観察されている…

 

ある意味、尾行した者、される者、秘密を知った瞬間から
共犯者なのかもしれない。

 

明日から、ちょっと後ろを振り向きながら

歩いてしまいそう…

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com