読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

ボヴァリー夫人 :フローベール / 姫野カオルコ

本の紹介(女性作家は行)

ボヴァリー夫人 :フローベール / 姫野カオルコ著のレビューです。

ボヴァリー夫人 フローベール

ボヴァリー夫人 フローベール

 

 

 

◆心身ともにナイロンのように燃え上がるボヴァリー夫人

 

 

「明日は舞踏会」で登場した「ボヴァリー夫人」。

どんな小説か気になっていたところ、
「文学の興味を30分で高める、現代作家がリトールドした傑作」

という本書を見つけた。

 

まさに30分もあれば読めてしまいます。絵本とも言えますが、
内容はどう考えても大人の読み物です。挿し絵もとても
色彩鮮やかでエロチック。

 

さて、このボヴァリー夫人ことエマは医者と結婚するが、
やがて、平凡な毎日に辟易とする。変化が欲しくて理想の人と
結婚したはずだったが…「ダサイ人・たいくつな人」と

夫のことを思い始めます。

 

そして、ある日、たまたま出かけた舞踏会を機に、転げ落ちるように
不倫に買い物依存症にと走り、心の穴を埋めようとしますが…。

 


最後にボヴァリー夫人が出た行動に、思わず「ジャヤジャーン」という
ピアノの効果音が流れてしまったほど衝撃的であった。

 

地味だけど、真面目で良い旦那さんなのにねぇ。
それだけじゃ満足しなかった彼女。そもそもの悲劇はそこから
始まっていたんですよね。

 

結末はともかく、現在でもこんな男女の悲劇はあちこちで
繰り広げられているはず。

 

エマの心身は、ナイロンになっていた。
離婚直後やフラれた直後、よく人の心身はナイロンになる。
発火しやすい。

 

 

ナイロンと火。なんと分りやすい例えなんでしょう。
失恋や離婚後、メラメラ燃えるが如く次の恋に突っ走っている
人居ますよね~。

 

さて、フローベールのボリュームある作品もその後読み比べてみました。
本書がいかにポイントを押さえて書かれているか…
ということが改めて判りました。

 

興味はあるけどじっくり読んでいる時間がない方、翻訳本は苦手…
なんて方には特におすすめです。

 

あ、そういえば、千昌夫の唄がまんま出てきた。
いきなりの登場で、しばし言葉が出ませんでした(笑)

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com