読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

職業別 パリ風俗 :鹿島茂

本の紹介(社会・地域研究)

職業別 パリ風俗 :鹿島茂著のレビューです。

職業別 パリ風俗

職業別 パリ風俗

 

 

フランス文学の手引きとなる1冊。助かります!

 

 

フランス文学初心者の私。
読書をしていると何度か「当時この職業はどんな位置づけの人が
就いていたのだろうか?」なんて疑問を持つことが多い。

 

しかし、そんなことをいちいち気にしていると、一向に読み進めることが
できないので、大雑把に自分なりの推測で読むしかなかったのだが、
これでは本当の面白さが理解できていないのではないか?
・・・ということで、そうだそうだ、こんな時は鹿島先生だ!と、
図書館から呼び出しました(笑)

 

あとがきで鹿島氏は「本書は一冊まるごと注のような本である」と

言っています。注が主体の本。そうそう、まさに欲しかった内容

だったのです。

 

しかも本書は「バルザック<人間喜劇>セレクション」の

責任編集者をされていた時期に書かれた本だけに、

引用もバルザックの作品からが多く、非常にありがたい!

 

さて、構成は当時の代表的な職業を各章で詳しく紹介してゆきます。
小説の中に出てくる注釈をうんと掘り下げた内容で、
お針子、門番女、公証人、仕立屋、乳母・・・等々、
日本の制度との細かい違いなど、かなり発見できます。

 

このあたりの違いがあったにも関わらず日本に当てはめて

読んでいたので、ちょっとしたモヤモヤ感があったのですが、

本書を読んで納得することが多かったです。

 

さまざまな職業の中で、やはり私は女性なので当時の
女性たちの職業により興味がもてました。

 

グリゼット(お針子)の恋の行く末は悲しいものだし、
ねずみのように動き回るステージママの執念深さ、
門番女の情報網のすごさなど、どれも読みごたえがありました。

 

と、まだまだ圧倒的に知らないことだらけだし、
実際の作品に触れないとその疑問すら持てないものもあり、
一回読んだだけでは理解できない職業もありました。

 

でも、総合的に考えると、こんな「あんちょこ」のような本に
どれだけ刺激をもらい、助けられるか。

 

鹿島氏の「馬車が買いたい」も以前読んだのですが、
その時もきっちり理解したとは言えない状況でしたが、
その後「馬車」が出てくるシーンは、少しだけ踏み込んで
眺められるようになって来ています。

 

こんな具合で一歩一歩、知識を積み重ねながら、
ゆっくり作品に触れていこうと思っています。