うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

月夜のバス:杉みき子

月夜のバス:杉みき子著のレビューです。

 

月夜のバス

月夜のバス

 

 

 

自分の過去と重ね合わせながら見る幻想的な世界

 


月夜の海沿いの国道

光るテイルランプの筋

エンジンの音にまぎれて聴こえて来るかすかな波の音

風がそよぐと漂う潮の匂い

 

夜がはじまったばかりの道

少し心細さを感じながら

私はこの少年とわずかな時間をともに歩きました。

自分の中にある海沿いの道を思い浮かべながら。

 

これだけでも、なんだか充分色々なことが思い出され

とても満たされた気持ちになれたのだけど、

横断歩道の信号待ちで、私たちはとても不思議な体験をします。

 

月光のさしこんだ大型バス…そして…

 

とても美しい光景が目の前に広がります。

 

自分だけの心の中の「海沿いの風景」。

少しだけ早歩きしながら家路を急いだあの頃。

自分の過去と重ね合わせながら見る幻想的な世界。

 

夢と現実の狭間にいるような、幻想的で美しい話。

さぁ、あなたも自分の心の中にある「海沿いの道」の風景を持って

この少年と月夜の道を歩いてみませんか?