うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

おはようスーちゃん:ジョーン・G.ロビンソン

 おはようスーちゃん:ジョーン・G.ロビンソン著のレビューです。

おはようスーちゃん

おはようスーちゃん

 

 

スーちゃんの日常は好奇心に満ちている

 

 

─────きゃべつ、にんじん、たまねぎ、オレンジなど、
      やさいと、くだものが山のように積んであります。

 

荷車をひいた馬が、やさいを売りに来る。
げんかんの呼び鈴が鳴ると、それはやおやのグリンさんが
やってきた合図なのです。

 

スーちゃんはおかあさんに頼まれ、お使いをしに外にでます。
頼まれたもの忘れないようになんとか無事に注文して

買えたはずなに・・・・

 

そう、スーちゃんの目はすでに馬に釘づけ!
おじさんに許可を得て、買ったものを次々に馬にあげちゃうのです。
しかも、おじさんに馬に乗せてもらいご機嫌です。

 

あーあぁ、

お買いものしたものがなくなってしまったけれども大丈夫?

 

・・・なんて先回りして、このあと起きることを想像し

ギスギスした自分をよそに、物語の中の人びとはどこまでも

大らかな気持ちでスーちゃんに接するのです。

 

スーちゃんの行動を見てどこかで「叱られちゃうよ」なんて考えてしまう
シーンに出合うのですが、ここに居る人びとは私みたいに短絡的に考えず
もっと大らかな気持ちで、子供たちの世界を見守っていることに
気づかされるのだ。はぁ、、修行が足らんなぁと(笑)


駅のホームの花壇に目を向けたり、

お母さんのお誕生日に香水を作ってあげたり、

パパとお留守番をしてお母さんが驚くことを用意したり、

犬がおうちにやって来たり。

 

スーちゃんの日常は好奇心に満ちている。

それを優しく見守る大人たちからは愛が満ちている。

 

だから、
スーちゃんの日常からは、優しさが生まれては育ってゆく。

 

なんとなく自分の中で少しずつ日々削られていっているものに
気づかされるような本だったなぁ。

こころがひと回りふっくらしたような読後感でした♪

 

中川李枝子さんの訳本ということで興味をもった一冊です。
シンプルな挿絵が素敵で、合わせて愉しめるお得感!