読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

ヴィクトリア時代の室内装飾 ― 女性たちのユートピア (LIXIL BOOKLET)

ヴィクトリア時代の室内装飾 ― 女性たちのユートピアのレビューです。

ヴィクトリア時代の室内装飾 ― 女性たちのユートピア (LIXIL BOOKLET)

ヴィクトリア時代の室内装飾 ― 女性たちのユートピア (LIXIL BOOKLET)

 

 

 

◆目の保養本です!

 

 

現在、北欧の家具など日本でも人気があるけど、
私は俄然、英国の家具が好きです。

 

重い感じで好き嫌いはあると思うのですが、
しっかりした作り、落ち着いた色合い、細かい細工。
心惹かれる要素が多いです。

 

さて、本書はビィクトリア時代の室内装飾を取り上げた素敵な一冊。
さすがに大昔ということもあり、写真が少ないのが残念。

 

それでも「サンボーン邸」といって、現在もそのまま残している

中流階級のお宅の様子が写真掲載されています。

 

もう、隅々までガン見でした(笑)
骨董品であふれかえっているのに、不思議と調和の取れている部屋は
とても落ち着いて居心地がよさそうなのだ。
ううーーもっと見たいなぁー。

 

写真に関しては後半、タイルやトイレがたくさん載っていました。

また、「暖炉をめぐる物語」や、「メイドの目で見たヴィクトリア時代

インテリア」では、私たちの生活で馴染みのない「暖炉」について、

様々な歴史を感じさせられる話が多く印象的でした。