読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

絵本とであえる楽しい散歩 :玄光社

絵本とであえる楽しい散歩 のレビューです。

絵本とであえる楽しい散歩 (玄光社MOOK)

絵本とであえる楽しい散歩 (玄光社MOOK)

 

 

◆いつまでもなくならないで欲しい、町の絵本屋さん

 

 

最近、久しぶりに覗いた絵本屋さんがなくなっていて、
しょんぼりしていたのですが、この本を読んだら、
まだまだ素敵な絵本屋さんはたくさんあるということが分かり
嬉しくなりました。

 

絵本のある空間って図書館にしろ、大型書店にしろ、
色彩が豊かで、パッーと気持ちが華やぐ感じが

病みつきになるというか、一度はまると気になって

また行ってしまうという不思議な場所なんでよね~。

 

かなり興奮したのは「ブックハウス神保町」。
この本にも登場していますが、とにかくお店自体が絵本の世界。
中央の赤いゆったりしたソファーには大きなクマちゃんが読書中。
思わず表情が緩んでしまう。

 

本書で紹介されている絵本屋さんはどこも空間自体に

こだわりを持ち、本のディスプレイも工夫されていて

見ているだけでも楽しい。

 

また「大人の女性におすすめの絵本」ということで、

お店の方々のお薦めの絵本がいっぱい掲載されていて、

私のリストも目覚ましい伸び率です(笑)

 

絵本に出会える場所ということで、
・絵本の原画にであえる
・絵本の古本屋
・鎌倉でであう絵本
・絵本とつながる東京の美術館・図書館・ギャラリー
・お茶を飲みながら絵本が楽しめるお店

 

関東と関西、東京から日帰りでいけそうな絵本に関する
場所ということで紹介されています。

 

私が今一番お気に入りのお店は何と言っても、

西荻窪の「にわとり文庫」。

 

小さい小さいお店なんですけど、楽しい本がギュ――っと

詰まっている宝箱のような本屋さん。こけしが居たり、

猫ちゃんがぼんやりしていたり、お店のマスコット?は

懐かしのカータンだったりと、妙に癒される要素がそろっている。

まさにお散歩ついでに立ち寄りたくなる雰囲気のお店なのです。

 

にわとり文庫さんのツイッターの呟きも脱力系のんびりムードで
ファンだったりします(笑)もちろん、このお店も載っていました!

 

親子孫、3代が訪れる街の絵本屋さんもありました。
小さくても良いから、そんな絵本屋さんがこの先も

たくさん残って欲しいと願って止みません。