読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

和印―北原照久秘蔵のコレクション:北原照久

和印―北原照久秘蔵のコレクション:北原照久著のレビューです。

和印―北原照久秘蔵のコレクション

和印―北原照久秘蔵のコレクション

 

 

 

◆ねこの置物のうらにあった衝撃的な・・・

 

 

BSJAPANで放送されている「極上!お宝サロン」という番組を
みなさんご存じでしょうか?

 

TXの「なんでも鑑定団」ですったもんだがあり、
石坂浩二さんがこちらに移ったという経緯のある番組なのですが、
さらにマニアックなコレクターが登場し、お宝を披露する

といったもの。

 

先日おもちゃコレクターで有名な北原照久さんがゲストに。
とにかくそのコレクションが半端じゃない。

倉庫を借りているくらいその数にはびっくりするわけですが、

集めているものはブリキのおもちゃだけではなかったんですねぇ。

 

数々のお宝を拝見したのですが、
もう見てて大爆笑してしまったものが!
可愛い猫ちゃんの置物(表紙参照)
まぁ、よくある感じじゃない?なんて思って説明を聞いていた。

 

なんでも北原さん、骨董市でいろいろなものを探すなか、
並行して土製の動物を集めていたそうなんです。
そんな高いものでなく500円とか1000円くらいのものを・・・。

 

そんなとき出合ったのがこの猫。値段を聞いたら3万円。
間違いじゃないかと再度聞いたら「あんた知らないの?裏をみてごらん」と。

これが北原さん、「和印」との初めての出会いだったそうです。

 

さてその裏にあったものとは・・・・
ひゃーん、男女がまぐわっているのです♥超卑猥です。

 

わたし、テレビを見ながら、笑いが止まらなかったですわ。
だって、だってねぇ、、、
あんなほのぼのした猫ちゃんからの~男女のまぐわい!
こんなことを細工しちゃうなんて、ほんとお茶目すぎるよ、昔の人!

 

私はてっきり春画の流行った江戸時代のものかな?と思ったのですが、
こちらは大正~昭和とのことです。
焼きが甘いため状態のいいものがあまりないそう。

 

しかしながら、「和印」は猫の置物に止まらず、

お面のうらにエロ♥
こたつに入っているなんてことのない男女の裏にエロ♥
マッチ箱のなかにもエロ♥
骸骨の頭を割るとエロ♥
雅な箸置きの裏もエロ♥

 

もうこの本眺めているだけで卑猥なムードムンムンに圧倒されます。
見ようによってはかなりグロテスクものではありますが、
私的にはめちゃくちゃアートなものとユーモアを感じました。

 

北原さんも自分の中で「キワモノばかり集めてどうするんだ?」

という迷いがあったそうですが、「アート」と言われることも多く、

報われたとおっしゃっています。

 

やぁ~日本にはまだまだ知らない珍品がたくさんあるのだなぁ。
私個人としては、初めてこの番組で猫の裏を見た時の衝撃と、
盛大に吹き出して笑った瞬間が忘れられません。
2-3分笑いが止まらなかったんだから!

 

で、早速このような本まで借りてきてしまったわけですが、
とっても綺麗な写真集ではありますが、これは大人の本だと思います。
お子さんの居る方は要注意(笑)

 

ということで、実物を見てみたいです!!
骨董市でやたらと置物の裏を見てまわる女がいたら私です(アンタモスキネェ)

 

※尚、秘め事が露わに表現されているのを見て、気恥ずかしさから
 みんなが笑うので「笑いもの」とも呼ばれているそうです。