うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

紙のむすめ:ナタリーベルハッセン,ナオミシャピラ

 紙のむすめのレビューです。

紙のむすめ

紙のむすめ

 

 

 

◆紙から生まれる新しい世界と切り絵が融合した美しい絵本

 

 

ずっと気になっていた絵本「紙のむすめ」。
実物を見て、「おぉ!」と歓声を上げたくなるほどの美しい装丁。
このちょっと浮き出しているような洒落た細工は
手に取ってみないと解らない。

 

挿絵がすべて切り絵でできているのですが、
そのデザインの繊細さ、かつ愛らしさは、
ブルージュの店先に並ぶレースを彷彿させる美しさがある。

 

そして内容までも「切り絵」が関係していて、
作者の確固たる世界観を感じさせられました。

 

主人公は白い紙の丘に、
白い紙でできたちいさい家に住む
白い紙からうまれたむすめ。

 

彼女はたったひとり、孤独に生活をしています。
彼女の家にやってくる人もいません。

 

ある日、洗濯していると彼女のもとへ大きな紙が飛んできます。
器用な彼女は、その紙を使ってチョキチョキと色々なものを作ります。

 

気球、ふね、パーティのドレス、もも・・・・

 

悲しいことにどんなに作っても、一緒に楽しんでくれる人がいません。

紙を切れば切るほど寂しさを思い知ります。

 

しかし、あることを機に
彼女のまわりは日に日に賑やかになってゆくのです。

 

━━━━

 

最初は深々とした孤独な世界を味わいましたが、

後半はわくわく感が生まれ、楽しくなっていくという流れです。

 

まるで彼女の鋏は、彼女の未来を切り開いてゆくかのごとく、
生活が息づいて来る様子がとても清々しいです。

 

待っているだけでは何も変わらない。
自ら動くことによって開ける世界。
静から動へと変化する様子がとてもよかった。

 

ちょっと苦い紅茶に砂糖を入れて
ほんのり甘くなったときのような安堵感。
そんなラストシーンも。

 

そして、
わたしもどこかで足をぶらぶらさせながら、
誰かとおしゃべりしたい気分になったのです。