読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

12種類の氷 エレン・ブライアンオベッド

12種類の氷 エレン・ブライアンオベッド著のレビューです。

12種類の氷

12種類の氷

 

 

◆とびっきりの冬の本!

 

冬っていいな♪
冬って楽しい♪

自然に気持ちが飛びは跳ね、ハミングしちゃうほど、
嬉し楽しい「とびっきりの冬の本」です。

 

数ページめくっただけで、部屋の中に居るのが

俄然もどかしくなる。だって、自然は冬眠していない。

そのキラキラした瞬間瞬間を見逃しちゃうのはもったいない。

ほら、雪が降り出すと、どのくらい積もったか

数分ごとに気になるじゃない?
まだ地面が見える・・・から、どんどん白くなっていく

風景に心が浮き立つあのそわそわした感じ。

 

この本もそうなんです。

バケツの中のうすーい氷が、日を追うごとにどんどん

強い氷になってゆく。

初氷、畑の氷、小川の氷、牧場の氷、自然の中で

氷たちはいろいろな姿を現し始めます。

 

そしてそして、リンクの氷!
自然のリンクってこうやって賑やかに作るのですね。

ブーツで雪を踏みつける様子や、シャベルでパタパタ

叩く音や、ホースから水が出てくる様子までもが、

活き活きした輝きを放ちます。

 

ひょうきんなお父さんが頑張って仕上げてくれた

かんぺきなリンクは、いろんなお客さんが訪れ、

思い存分この自然の恵みを愉しみます。

 

その様子を見ていると今度は本の中から

冬っていいな♪
冬って楽しい♪

って唄が聴こえてきそうなんです。

 

─────100日目・・・太陽が勝った。
そして・・・「おしまいの氷」へと。

春がもうそこまで来ています。

 

なんて元気の出る本なのだろう。
なんてキラキラした輝きがある本なのだろう。

 

寒いなんて言っている暇がないほど、

自然は日々変化している。


そんな様子を見逃すまい、この瞬間にしかない

この冬を、読者もきっと愛おしくなるはずです。

冬っていいな♪
冬って楽しい!