うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

作家と温泉---お湯から生まれた27の文学 :草なぎ洋平

作家と温泉---お湯から生まれた27の文学 :草なぎ洋平著のレビューです。

作家と温泉---お湯から生まれた27の文学 (らんぷの本)

作家と温泉---お湯から生まれた27の文学 (らんぷの本)

 

 

 

◆作家たちの無防備な姿に思わず笑みがこぼれる

 

 

ふふっ。本書が楽しいことはすでに知っている私。
しかし、本格的に読む前に本の中身がどんな感じか
ちょっとだけ、ちょっとだけ、覗いておこうとパッと開くと・・・

 

うああああ!
「安心してください、履いてますよ」的な写真が!
そこには丸っこい体のおっちゃんがうちわを持って横座り。

 

よく見たらタオルか何かがチラッと見えるのですが、
いきなり全裸風おっちゃんからスタートしてしまった無念さよ。

 

そうそう、今回の狙いはおっちゃんではないのです!
四万温泉の太宰の写真はこれどうにかならなかったのか?!」

と言う既読者さんの書評から太宰氏の写真がただただ見たくて。

 

合わせて
坂口安吾ってもっと巨漢のイメージがあったけど?
梶井基次郎の顔もごつくてびっくり?!

 

このあたりの確認作業をしなくては夜も眠れない(笑)

 

・・・と「温泉」より「写真」に関心を示してしまったわけですが、
それでも文章から得られた情報も多く、数分後にはすっかり温泉気分へと。 
ぁ~ビバノンノン♪

 

特に武田百合子氏の通っていた浅草観音温泉の話は
先日読んだ「遊覧日記」と繋がっていてとても感動しました。

 

また、横尾忠則氏の話から温泉の効能の凄さを思い知る。
帯状疱疹の後遺症の神経痛がなかなか良くならず、医者にも
「一生付き合っていくしかない」と言われていたそうだ。
それが草津温泉に晩と朝、たった2回の入浴で痛みがスーッと
消えてなくなった。
しかも一回の入浴時間は2-3分と言うじゃありませんか。

 

今のようにネットもなかった時代、こういった口コミを頼りに
文豪たちがこぞってお湯に浸かりに行ったのも理解できます。

 

さて、問題の太宰氏です。
や、もうページを開いた瞬間に声が出た。

どうした?どうした?のぼせたんか?
なるほど、この表情の太宰さんにはあまりお目にかかれないかも!?

 

下に小さくエピソードが載っているのですが、それによると、

太宰はこの写真に写っている下腹部の盲腸の傷跡を気にしており、
撮影した伊馬春部にフィルムの処分を求めたという。

 

いやいや、太宰さん。
傷跡よりあなた、そのお顔の方が・・・(笑)

いずれにしてもこの写真は処分もされず、

こうして私たちを愉しませてくれている。
グッジョブです!伊馬さん!

 

というか、表紙の女性は誰なんだろう?旅館の人?
・・・という謎だけは解けなかった(笑)

 

※おっちゃん=谷崎潤一郎氏。
 親しみを込めて呼ばせていただいております。

 

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com