読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

明日は舞踏会:鹿島 茂

明日は舞踏会:鹿島 茂著のレビューです。

明日は舞踏会 (中公文庫)

明日は舞踏会 (中公文庫)

 

 

◆「明日のご予定は?」 「明日は、舞踏会へ」

 

 

舞台は19世紀のパリ。
バルザックの「二人の若妻の手記」や、フローベール

「ボヴァリー夫人」を引用しながら、貴族の生活の細部を

解説してくれるという内容です。

西洋貴族の話は興味もあり、知りたいこともたくさん

あったわけですが、私の知りたいことがこんなにもてんこ盛り

されているとは夢にも思わなかっただけに、嬉しい悲鳴が

上がりっぱなしでした。

さて、書評でどの部分をピックアップしようかとかなり悩みましたが、
やはり「侯爵夫人の日常生活」を。

お城での生活は、建物の構造上もあって夫婦はほぼ別居状態というか
別棟で生活しているといったもので、朝食で唯一顔を合わせる以外は、
言い方は悪いが「やりたい放題」なんですね。

夫人は朝食後と言っても、もう午後の時間帯ですが、お風呂に入り、
カフェクレームを飲み、身づくろいをする。そうこしているうちに、
若い男がやって来て、2時間くらい秘密の時間を過ごし、
そして、散歩に出かけます。

晩にはお芝居やコンサートなどのレジャーを楽しんだり、
舞踏会へ行くなどして、長い長い夜を過ごします。

舞踏会は夜の10時くらいから朝の4-5時まで続くと言うのも驚き。
確かクラブやディスコが盛り上がる時間帯って

何故か10時以降だったっけ…と、ふと思い出し、時代は流れても

人が熱狂する時間帯は変わらないのかしら?

コルセット巻き巻き状態で、長時間はさぞ大変だったであろう。
きっと着物の帯よりキツイだろうなぁ…。
…なんてことを思わず考えてしまいました。

こんな1日を過ごす侯爵夫人たち。
この話に出て来る侯爵夫人は、自分の時間は15分くらいだった

と言うから、楽しそうに見えるこの生活も、案外、時間に追われ

大変だったことが解る。

本書の中心はやはり社交界が活動し出す夜の

舞踏会やオペラ座の話です。
もうここからは身を乗り出すように読んでいた私。
興味深い話ばかりで夢中になっていたのですが、

それは私だけではなかった。

そう、著者の鹿島さん、現代の読者を19世紀の舞踏会へ

招待することが目的だったのにもかかわらず、いつしか細部の

解説に熱が入り過ぎて、本書に登場させていたヒロインについて

語るのをしばらくの間おざなりにしてしまった…
とご本人もおっしゃっていた。

読み手だけでなく書き手までも、ズンズンとのめり込んでしまったという!
そのくらい、興味深い話の連続だったわけです。

話だけではなく衣裳の絵がたっくさん掲載されています。
とても美しいデザインの衣裳の数々。

意味もなく「これを着て行こう」など考えてしまいます。

「明日のご予定は?」
「明日は、舞踏会へ」

…こんな台詞を一度くらい言ってみたいものだと思いつつ、

夢の世界から現実に戻ったのである。

 

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com