読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

いつか、一緒にパリに行こう :辻仁成

いつか、一緒にパリに行こう :辻仁成著のレビューです。

いつか、一緒にパリに行こう

いつか、一緒にパリに行こう

 

 

辻さんと歩くパリ

 

 

19世紀のパリを舞台にした小説を読みふけっていたら、
何故か「今」のパリへ行きたくなってこの本を選んでみました。
(と言っても、この本、2005年ものでしたが…)

 

表紙が綺麗、そして、タイトル。
いかにも「辻仁成」って感じで、このコッテリしたムードに

胸やけしないかな?なんて、感じでスタート。

 

がっつりエッセイでもなく、ガイドブックでもなく…

ちょうどいい感じで話がスルスル進んでゆきます。

 

車に乗りながら、食事をしながら、買い物をしながら、
辻さんが横でそのことに関する話をおしゃべりしている

といった感覚です。

 

お友だち感覚で話を聞いている気になっていたけど、
ひとつだけリアルに感じたのは「フランスの出産事情」。

 

辻さんご夫婦の出産にまつわるエピソードから

フランスの出産事情が解る内容なのですが、なにせ、

中山美穂の顔がチラついちゃって(笑)

「あーミポリン、無痛分娩だったのかぁ~」など、

ミーハー気分で読みました。

それにしても、フランスの出産はやはり日本と違うものですねぇ。

 

本書からは辻さんがいかにパリの空気に馴染み、

この地を好きなのかが伝わってきます。

 

そこには気負った感じもなく、パリをそのまんま受け入れている

自然さがあります。自分に合った場所とは、何も国内だけとは

限らないものだなぁなんてことも考えさせられました。

 

そんな辻さんの目を通して見る、パリのライフスタイル、

フランス人の様子は読んでいて疲れない・退屈しない

面白さがありました。