うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

パンダ銭湯 : tuperatupera

パンダ銭湯 : tuperatupera著のレビューです。

パンダ銭湯

パンダ銭湯

 

 

 

◆「徹子の部屋」 ゲスト:パンダ一家

 

 

♪~ るーるる るるる るーるる るるる るーるーるーるー るるっるー ♪~

 

黒柳 「みなさま、こんにちは。本日のゲストは、最近一部でブレイク中の
    パンダ一家のみなさまです!まぁ~ご家族お揃いで来ていただいて、
    ありがとうございます。」

 

パンダ 「……。」

 

黒柳 「わたくしね、パンダ研究家でしょ。

   だから今日はすごく楽しみにしてましたのよ。
   あー、あなたが、お父さん?で、あなたが、お母さんで…お子さんはお一人?
   まぁ、、みんなよく似ている、ふっ、ってそりゃそうよね。」

 

パンダ 「……。」

 

黒柳 「おとなしいのね、テレビは初めてだからかしらね。
    そうそう、私の今日の衣装ね、あなたたちに合わせたのよ。黒と白でね。」

 

パンダ 「……。」

 

黒柳 「ところで、あなたたちのご趣味は、ご家族で銭湯へ行くことって

    聞いたけど?」

 

パンダ 「……。」

 

黒柳 「銭湯へ行けばあなたたちの秘密が分かるらしいけど、あなたたち、何を秘密に
    なさってるの?私、パンダ研究家としてその辺の秘密を知っておきたい
    のだけど…。」

 

パンダ 「……。」

 

黒柳 「無口ねぇ。うわさによると、そこってパンダしか入れないって言うじゃない。
    ふっ、しかも、男女別なんですってね。おかしいわ~。で、どんな感じなの?
    人間だと裸の付き合いとかって言うけど、あなたたちの世界でもあるの?
    あ、でも、裸もなにも、、ふっ、あなたたち関係ないわよね(笑)」

 

パンダ 「……。」(やや、そわそわし出す)

 

黒柳 「もう、何も教えてくださらないんだからっ。退屈かしらね。こういうのは。
    あーら、そろそろ時間ね。私ばかり喋ってたみたいだけど…。
    しょうがないわね。はじめてで緊張したでしょ。
    ライトもまぶしいしわよね。じゃ、お気をつけておかえりになって。
    今日のゲストは、パンダ一家のみなさんでした。」

 

♪~ ららら らーらーらーらーらーらーらー らーらーらーらーー♪~

 

─────パンダ一家退場。 「チャ!」というかすかな音。

 

黒柳 「ねぇ、今なんか一斉にチャッて音がしたけどなに?」

 

スタッフ 「なんでしょうね?パンダ一家の方たちから聞こえましたね。」

 

黒柳 「あら、やだ、椅子の下になんか…忘れ物?」

     (袋の中をごそごそ探る)

 

黒柳 「なにこれ?サササイダーと、パンダワ……まぁいいか。お疲れ様でした。」

 

─────黒柳退場。


<感想>

銭湯ならではの良さが、絵から伝わってくる絵本なのです。が…、
親子の入浴シーンまではなんとか耐えられたけど、大勢のパンダたちが
登場のシーンは、自分には恐怖の世界だった(笑)

 

ネタバレに関して、うすうす解っていて読んだのですが、

やはりこの絵を見ないとこの本の面白さは伝わらない。

もう解っているから読まないと考えている方、
ぜひ、このパンダ一家と対面してください!

衝撃の度合いが違いますから。

 

今回、黒柳徹子さんをお呼びしたのは、彼女の対談本を

この本の直前に読み、パンダ繋がりでどうしても徹子さんを

登場させてみたかったからです。