うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

うさぎのくにへ :ジビュレ・フォン・オルファース

 うさぎのくにへ:ジビュレ・フォン・オルファース著のレビューです。 

うさぎのくにへ

うさぎのくにへ

 

 

 

◆着ぐるみ着たむくむくちゃんとぷくぷくちゃん。楽しそうだけれど大丈夫!?

 

 

絵本関係はとりわけ「うさぎ」が出てくる話が好きだ。
ぬいぐるみを溺愛しまくっていた幼少期。

 

その初代がうさぎだったということもあり、
絵本のうさぎとそのうさぎがどうも自分の中で繋がっている・・・

そんな感覚が残っているからか、大人になった今でも
うさぎの絵本を見ると飛びつく。

例外なくこの本もそうなんです。

 

表紙の絵!ウサギのゾロゾロ感がたまらないじゃないですか!

しかも、どさくさに紛れて・・・
体はウサギだけれども、顔が人間の子がいるーー!
楽しそうだけど、どういうこと???

 

さっそく探ってみると、やはり人間の子です。
むくむくちゃんと、ぷくぷくちゃんですって。

 

森番をしているお父さんと森に来たんだけど、

おとうさんがきのこを取りに行っている間に

うさぎのお母さんやってきて、こどものせわをする人が
いないと勘違い!うちに連れていくことにしました。

 

そこにはたくさんの子うさぎたちが・・・。

そして、お母さんはよなべして、

ふたりにふくをぬってくれたのでした。


着ぐるみのうさちゃんになった子供は

うさぎの子たちと同じ姿になって
森の生活を楽しみます。

 

楽しいけれど・・・ふたりはこのあとどうなるの??
お家に戻れるの?それともこのままうさぎの子として暮らすの?


34歳で亡くなったオルファースの7枚の絵で綴られる

小さなうさぎ世界。サラッと読んでしまいましたが、

「訳者のあとがき」を読むと、もっと細かい部分に

注意して読もうという気持ちになる。

 

いたずらっ子、食いしん坊、マイペースな子、

かあさんうさぎから離れない子等々一匹一匹の行動や表情が

とても豊かに描かれ、思わず自分はどの子かな~と
探してみたり・・・(笑)

 

2度、3度、読むたびに新しい発見がありました!
あとがきと照らし合わせて、何度か読んでみてください。
より一層うさぎたちの世界が近いものに感じられると思うのです。