うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

源氏姉妹:酒井順子

源氏姉妹:酒井順子著のレビューです。

源氏姉妹

源氏姉妹

 

 

◆嗚呼、嗚呼、気づけば、みな姉妹。

 

 

源氏姉妹?なんのことやらと思っていたら、
源氏の君を通じて「姉妹」となった女たちとのことで、
「わぁお!そういうことか!」と思ったのも束の間、
となると「あっちもこっちもシスターだらけじゃないの!」と
早くも悪寒モード(笑)

 

源氏物語の雅な世界だからこそ、なんとなくソコは気づいていても
言わずにいた感もあるシスターたちの関係性。
ここにグイグイと斬り込んでくる酒井さん、すごい。

 

すごいのはそれだけじゃない。
酒井さんの妄想力は半端じゃない。
源氏物語の中で生きていた人々がまるで現世の私たちの目の前に現れ
語りかけてくるような臨場感。
源氏物語の世界観を崩すことなく彼、彼女たちが話すことは、
現代の感覚に変換され、とても面白い読み物へと変身!

 

光源氏と「しちゃった」女性たちの赤裸々な告白は生々しく、
官能の世界に誘わたり、ぶはっと思わず笑ってしまう女性たちの

心理など、これは酒井さんの日頃の鋭い考察があってからこそのもの。

光源氏は確かにしょうもない浮気性な男ですが、
だからこそツッコミどころも満載。
その部分を存分に楽しめる1冊だと思います。

 

さて、酒井さんの妄想力が結集するかのごとく
とどめを刺してきたのが、「シスターズ座談会」。

・六条会
・ブス会
・ママ会
・エロ会

 

様々な女性たちを組み合わせ、過去を振り返る座談会が開催される。
これはもう酒井さんの妄想のみで突き進んでいますが、
本当にそうであったんじゃないかと思わされるほど

女性たちの気持ちが伝わって来る。

それはそれは賑やかでえげつない会になっています。

 

源氏物語は関連本もたくさん出ていますが、
またひとつ新しい源氏の世界を見せてもらいました。

源氏物語はどこまでも私たちを愉しませてくれる要素が
たくさん詰まった物話であるのだなぁと改めて思うのであります。

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com