読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

イギリス文学紀行 :那須省一

イギリス文学紀行 :那須省一著のレビューです。

イギリス文学紀行 ディケンズ、オーウェルからブロンテ姉妹まで―名作ゆかりの地をさるく2

イギリス文学紀行 ディケンズ、オーウェルからブロンテ姉妹まで―名作ゆかりの地をさるく2

 

 

 

◆ イギリス文学への旅の切符を手にして…

 

 

★本が好き!の献本書評です。

 

読書の楽しさを知った者たちは、次々に新しい作品に触れてはさらなる
新しい作品に出会いたくて行く先のない文学の世界をゆらゆらと漂う。

 

世界中どんな小さな国でも歴史があり、どの時代にも優秀な作家が居て、
素晴らしい作品の数々を後の世に残してゆく。日々読書をしているにも
関わらず、本書を読んでいるとこんな単純な当たり前なことに驚き
感動をします。

 

今回この献本に申し込んだのは特別イギリス文学が好きだからではなく、
むしろこの本を読むことによって、新しい読書エリアを広げて
みたかったから。

 

ところがどうだろう。ただ単に広げるというよりも、読んでいるうちに、
あの作品もこの作家も文化や習慣も…と果てしなく興味が広がってしまい、
なんだかとてつもない「大穴」に自分は落ちてしまったかも知れない…と、
ちょっと大袈裟だが思ってしまった。

 

たったひとつの国の文学を覗いてみただけなのに、こんなにも読書の
世界が広がってしまうことに脅威すら覚えました。

 

本書には誰もが一度は聞いたことがある作家や作品が
取り上げられている。随分前に読んだものもあるにはあったのですが、
「え?そんな話だったんだ!」と、だいぶ印象が違うものから、名前は
聞いたことがあるけど男性か女性かすらも正直知らなかった作家まで、
どれもこれも新鮮な学習をさせてもらった感じがします。

 

単にイギリス文学の紹介であったら恐らく最後まで読み切る
ことが出来なかったかと思うのですが、本書は美しい名所の写真、
ちょっとした休憩のようなコラムなどを上手く取り入れ、それでいて
その作家の代表作の見どころやバックグラウンドが
きっちり紹介されているので、最後まで退屈せずに読み進められます。
特に作家たちの生涯は作品以上の物語を感じさせられる迫力が
あるものが多かったです。

 

本書を文学ガイドとしてまず読み、紹介された名作を読んで、
それから本書を持ってイギリスに向かう。そして、ゆかりの地を訪れる。
こんな使い方が出来る万能本です。

 

もし、イギリスへ向かう飛行機の中でこの本が読めたら…
それはものすごく幸せな時間になるだろうなぁ…と思うのです。


というわけで読み終える前に、堪え切れず購入してしまったのが
ダニエル・デフォーの「ロビンソン漂流記」。
それから、著者の那須さんがこの作品を読みながら思い出したという
吉村昭の「漂流」も続けて読んでみたいなぁと。

 

今回の読書は私にとって新しい刺激と、果てしなく広くて深い大穴に
落ちてしまったな…という嬉しい気分を味わいました。

 

イギリス文学のちょっとした下地を作ってくれたのもこの本。
しばらく教科書代わりになりそうです。

 

そして、この本とともに、私の文学の旅もまだまだ続く。