うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

嘘つきは恋のはじまり :メグキャボット

嘘つきは恋のはじまり :メグキャボット著のレビューです。

嘘つきは恋のはじまり

嘘つきは恋のはじまり

 

 

 

頭の中はキスのことばっか!?

 

 

うわはは!まんまとアメリカの女子高校生の脳内に連れていかれました。
とにかく、ずっと頭の中は「キス・キス・キスーーーー!」でしたよ。
何度この文字に出会っただろうか?

 

ケイティ17歳。彼氏は学校で一番人気のセス。
しかも高校の強豪アメフトチームの選手。
誰もが羨む高校生活を送って居たケイティ。

 

しかし、ケイティはとにかくキスに弱い。おまけに嘘つき。
自分の気持ちに素直になれないことが災いし、

嘘をつくことがどんどん肥大化して行き、結局、問題を起こして

しまうのです。特に男性関係で。

 

10代の時、アメリカの高校生はすごくおませな大人に見え、

憧れたものだけど、今となってはこのような小説に出て来る

おませさんも、思わず目を細めて微笑んでしまう自分に

まずどんより(笑)

 

でも、男前に迫られ、どんなシリアスな話をしていても、

頭の中は「キス」のことばかり考えてしまうティーンエイジという

ギラギラした感じは幾つになっても面白いのは確かです。

 

ケイティはその典型。青春ど真ん中。
目の前にいる男性のあまりの格好よさに、つい、うかっり

キスをしてしまいます。

その都度、一体自分は誰が好きなのか…あの格好いい彼氏のことは

本当は好きではないのかも?と、堂々巡りの日々を過ごします。

 

キス現場を友達に見られたりと、ハプニングはつきもの。
そのつど嘘をつき、嘘をついたことすら忘れてしまう始末。
このあたりは、ちょっと可愛いというかコメディです。

 

あらゆることがバレ、身辺整理をし、もう恋愛はしないとか、

修道女になるとか、自分をあらためて見つめ直すケイティ。

そしてようやく、自分にとって大事な人・ことが見え始めます。

 

で、で、ケイティの前に現れた人物は…
うんうん、これで良かったのだ。
素敵な第二章の始まりを感じさせられるハッピーエンドに気持ちが

パッと華やぎます。

 

男は顔が良くても、スポーツが出来ても、キスが上手くても、

それだけじゃ彼女は満足しない。

そのあたりをこの話は皮肉半分、面白く描かれています。
ハンサム男は後半、コテンパンに表現されちゃってます!

 

あ~ん、いいわねぇ。何だかんだ言っても誰にするか選べる環境と、
好きだ嫌いだゴチャゴチャしながら、妙にテンション高めに過ごす日々。

 

もしこれが、日本の高校生の恋愛小説だったら、もっとしっとりとした
雰囲気だと思うのですが、こちらはアメリカ。

なんかカラッカラした陽気な雰囲気。


そんな雰囲気に拍車をかけたい方、読む時のBGMは

きゃりーぱみゅぱみゅで…(笑)

 

たまには、こんな小説もありだなぁ。

「キスの嵐」に巻き込まれた時間だったけど。