うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

江戸のおトイレ:渡辺信一郎

江戸のおトイレ:渡辺信一郎著のレビューです。

 

江戸のおトイレ (新潮選書)

江戸のおトイレ (新潮選書)

 

 

 

 

◆お食事前には読めないですが、内容は充実。

           これでもかってくらいおトイレの話。

 

 

今回はタイトル通り、これでもかってくらいトイレのお話です。

 

おならの話から屎尿処理に至るまで、排泄に関する内容で
ある意味お腹及び胸がいっぱいになります。

 

今のように公衆トイレがなかった江戸の町。
女性たちは並々ならぬ苦労があったようで、

 

覚悟して必死女の野雪隠・柳の緑二2

 

死ぬばかりの覚悟で、野外で用を済ましていたのが
分かります。 現実問題、トイレが出先でなかったら…
想像すると、冷や汗が出てきます。

 

また、屋形船などに乗る時も、今で言う携帯トイレのようなものを
持参したり、おトイレ専用船を呼んだり、様々な工夫をしています。
男性は竹筒で簡単なものですが、女性は本当に大変だったようです。

 

面白かったのはほぼ全章なんですが、屎尿処理の話です。
この時代、排泄物を農家に売っていたってことですが、
その排泄物にもランクがあるという、ちょっと信じられない

話がありました。


上等品から下等品まで5ランクも!濃厚な良品は幕府・大名屋敷から、
下等は牢獄・拘置所のもの。…っておーい!

 

良質な食物を摂った人の方が良質の肥料を生む?ってこと
なのでしょうが、ちょっと笑えます。

 

今回は言ってはなんですが、読みながらなんか臭ってくる錯覚が…
想像異臭めいた感じがあり、食事前はちょっとキツイ本ですが、
とにかく、この文化にズボズボハマって行ってます。