うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

曽根崎心中:角田光代

曽根崎心中角田光代著のレビューです。

 

曾根崎心中

曾根崎心中

 

 

◆古典文学が身近になる本

 

 

原作・近松門左衛門、歌舞伎や浄瑠璃で有名な話です。
作品名だけはかなりの方がご存知でしょうが 内容を
知っている人は意外に少ないのではないでしょうか?

私にとって古典文学はどうしても苦手・読みづらい存在で
あったのですが、このように現代風にアレンジしていただくと
とても身近な文学のように感じられます。

女たちのかしましい話し声や教えなどは本当に面白く 
例えば…

 

いつまでも ぐずぐず飲んでいる男、酒に飲まれる男、
 遊女の話を本気にする男、銀(かね)払いの悪い男などは田舎者で嫌い

 

など、夜のシーンで同じようなことを今日も
女性たちがつぶやいているなぁと、思わずクスッと 
笑ってしまうこともしばしば。

一途な恋の話で行き着くところも予想通り展開していきますが
個人的には 恋や愛などの場面より、遊女たちの噂話や言葉が
とても魅力的に感じられました。

このように現代小説を読む感覚で古典文学に触れられ、
その面白さが解る本がどんどん出てくれば良いなと思います。

 

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com