うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

夜市:恒川光太郎

夜市:恒川光太郎著のレビューです。

夜市 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

 

 

 

◆人気の「夜市」に出かけてみました

 

 

ずっと行かけなければならいと思っていた「夜市」。
「本が好き!」のサイト内で、人気のあるホラーと言えば

「コレ」というくらい書評数も多い。

「読まないと!」と思いつつなかなか辿りつけなかった本だけど、
いよいよといった感じで腕まくり!

 

ホラーというと、おどろおどろしいシーンを想像しがちで、

ちょっと身構えて読み始めるわけですが、恒川さんのホラーは、

いつの間にか幻想的な異空間に運ばれてしまったような話が多く、

途中で「ちっ、またやられた」的なうれしい敗北感が自分の中にあります。

 

「夜市」もそんなムードでして、表紙の金魚ちゃんたちが居るような

世界かしら~?なんて大学二年のいずみと同様、私も付いて

行っちゃったわけだが…

 

「何かを買わなければ決して出ることが出来ない。」

 

そ、そんな!
夜市では望むものが何でも手に入るわけですが、なんだか奇妙で
高いものばかりだし、胡散臭い。

 

主人公・祐司は昔もこの夜市を訪れたことがある。
欲しいものを手に入れるために弟を代償にしてしまう。


今回、その弟を取り戻そうと再びいずみと訪れたわけだが、
果たして弟は見つかるのか?

 

本書は2編収められているのだが、私は「風の古道」の方が

楽しめたかな~。

ちょっと入ってみたら、意外にもそこは抜け道だったり、
階段を上がってみたら、思わぬ絶景に出会えたり。


「ふとしたはずみ」から、入り込む場所は

私たちの周りにはたくさんある。

 

本書に出て来る「古道」も、行こうと思えばすぐに行けそうな

近くにある異界。

 

そこへ入り込む少年二人が出会う人々、

風景はどれも引き込まれるものがあるけど、

ずっと足元が定まらない感じで、心細さと不安感がつきまとう。

 

なんとなく、本当にあってもおかしくない、想像ができちゃうだけに
とめどなく自分の中でも映像が描けてしまう。

 

恒川さんのこういった幻想的な世界は読んでいるというより、

自分には見ている感覚に近い小説。読んでいるのに見ている小説。

不思議ですよね。

 

本書2編とも自分にはホラー感はなかったけど、

確固たる恒川さんの世界を思い切り見せつけられました。

魅力ある作品であることは間違いないです。

 

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com