うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

チェーンメール:石崎 洋司

チェーンメール:石崎 洋司著のレビューです。

チェーン・メール (YA! ENTERTAINMENT)

チェーン・メール (YA! ENTERTAINMENT)

 

 

 

◆虚構の世界で遊びませんか?

 

 

もし、まだ自分が学生だったら、結構こういう世界も
あり得ると思えただろうけど、歳を重ねちゃうと、
チェーンメール」なるものが来ても、「あー新類の
チェーンメールってこんな感じなのか~よく考えるもんだね」
などと、ちっとも怯えず、そして私から誰かにそのメールが
広がることもなく終了してしまう…だろう。


なので、この小説を読んで、すっごいドキドキしたとか
怖かったという感想は持てなかったのだけど、
ネット上の虚構の世界の方が現実より楽しいと感じてしまう
女子中学生たちの微妙な心理などは、自分の学生時代とは
異なる様子だったのでなかなか興味深くはあった。

 

内容はチェーンメールというよりは、知らない者同士が、
ネット上で一つの小説をリレー形式で作っていくというもの。

 

4人の女子学生がかわるがわる一つの小説を書いていくわけだが、
内容はある少女がストーカーに追われるといった設定。


小説の展開を毎日この参加メンバー達は楽しみにしていて、
いつしか現実の世界よりこの虚構の世界にハマって行くとというもの。

 

やがて、お互いのことが気になり、ネットを越えて行こうとするのだが…。

虚構と現実がいつの間にやら混ざっていく感じに読者も
巻きこまれるようなそんな小説。

 

こんな遊び方は現代ならではだし、
逃げ場がネットの世界というのも哀しい現実だ。

 

しかし、彼女たちを取り囲む環境のどこか歪んだ現状や

人間関係を見ると、こういった場に安らぎを求めてしまう
気持ちも解らないでもない。

 

こういうことは一過性のもで、やはりいつかは
現実世界へ戻って行くのだろう…そう思いたい。

…というか、昭和な私はチェーンメールより、
やはり「不幸の手紙」の方が怖い。

 

今もし受け取ったら、やっぱり泣きそうなほどビビるに違いない。
三つ子の魂百まで…って感じですかね?(笑)