うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

団地のはなし/横浜エトランゼ/物件探偵 【ショートレビュー①】

      <<<ショートレビューはじめます>>>

 

今月から読書メモ的にショートレビューの掲載もしていきます!

毎月レビューを書いたもの以外にも本は読んでいたのですが、

如何せん、書評を書くことが追いつかずにいました。

ショートレビューなら気軽に書けそうだなーということではじめてみます。

長文レビューと違ってごくごく短い感想になりますが、

どうぞよろしくお願いいたします。

                          f:id:uzumaki-guruguru:20170803211051g:plain

  

 

 

  1. 団地のはなし:山内マリコ他
  2. 横濱エトランゼ:大崎梢
  3. 物件探偵 :乾くるみ

 のレビューです!!

  

団地のはなし 彼女と団地の8つの物語

団地のはなし 彼女と団地の8つの物語

 

 

全体的な雰囲気はフリーペーパーのような感じで、

読み物あり、漫画あり、対談あり、写真あり。

団地に絞った話から、マンションでもアパートでもない団地の良さを

改めて感じさせられた一冊。老若男女がひとところに住むということは

意外にもメリットが多く、これからまた団地が復活してもいいのでは

ないかと思った。耐震性、老朽化さえクリアすれば、リノベーションして

どんどん活用すべき。

ジェーン・スーさんの団地計画のはなしは何度聞いても楽しく、

自分も住みたいなーと思わされる。

 

 

横濱エトランゼ

横濱エトランゼ

 

 

 横濱を舞台にした謎解き小説といった感じです。

 横濱の地理を知っているとより一層楽しめると思います。

恋愛と謎解きが同時進行しているわけですが、

どちらも不完全燃焼だったかな。

 

大きな山場もなく、無難にまとまっているので

個人的には後に何も残らなかったなぁという気持ちが残る。

 

 

物件探偵

物件探偵

 

 

 不動産に特化した6編の小説。

家を借りる人、家を貸す人、仲介する不動産。

不動産に関わる時「こんなこともあるのだよ」という事例集のよう。

一般的に言われている注意事項から一歩踏み込んだものが多く、

それ自体は興味深く読めました。

 

様々な問題点も、小説後半出てくる「不動尊子」という

宅建の資格を持つ女性が解決させる流れなのですが、

それが結構ワンパターンで、いてもいなくても....って

気がしないでもないが、ここが見せ場なのかしれません。

 

小説としては物足りなかったけど、物件のはなしは面白いので

物件の間取りなどを見るのが好きな人にはおすすめです。