うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

海に向かう足あと:朽木祥

海に向かう足あと:朽木祥著のレビューです。

海に向かう足あと

海に向かう足あと

 

 

 

◆明日が一転するということは・・・

 

 

「こんなことになるなんて思ってもいなかった」

私たちは大きな災害や事件など、昨日を覆されるような出来事に出遭うと

いつだってこの言葉を口にし、そして、どんなに昨日までが平和で

幸せな日々だったのか・・・ということに改めて気づかされる。

 

今だってそう。

こうして一日の終わりに好きな本のページをめくる時間。

いつでもそこにある好きな本の山。

明日を迎えるために眠ること。

あって当たり前のいつもの時間。

 

本書はそんな当たり前の日常が、

ある日突然プツンと消えてしまうこととはどういうことなのか?

ということを、読者も一緒に体験するような一冊でした。

 

ヨットレースに情熱を注ぐ人々の活力にあふれた風景から

はじめはレースの話になるのだとばかり思っていた。

 

しかし、海の風景も人々の弾んだ声もある日突然様相が一転してしまう。

そして、小説を読みながらはたと自分の今ある生活、こんな風に本を

読んでいる時間も、もう訪れないことだってあるのではないか?

と、何度も自分に問うてみる。

 

本書は本のなかの人々の状況が、

今ある私たちの生活と大きく重なってゆく部分に気づかされ、

はっとさせられる。それは思った以上の衝撃を伴う。

 

ここのところミサイルの発射のニュースを頻繁に耳にする。

映像を見て怖いと思っていても、なかなか実感が湧かない。

そんな状況下なのになんの疑いもなく明日はやって来ると思っている。

 

しかし、明日が今日と同じように平和で安全な日とは限らない。

・・・ということを、しっかり伝えてきている小説でした。

 

本のなかの人々と、一転する世界を是非疑似体験してみるといい。

明日という日の捉え方等、個々に感じることはたくさんある

内容だと思います。

 

そして決してこんな光景を未来に見ることがないように・・・。

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com