うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

幾千の夜、昨日の月:角田光代

幾千の夜、昨日の月:角田光代著のレビューです。

 

幾千の夜、昨日の月

幾千の夜、昨日の月

 

 

 

◆秋の夜長を愉しむ一冊

 

 

タイトル通り、深い深い夜に案内してもらえる話がたくさん出てきます。

 

旅先の夜、林間学校の夜、病院の夜、孤独な夜…
夜といっても、場所や精神状態によって、夜はさまざまな表情を見せます。

 

角田さんは、世界のあちこちを旅して来たこともあって、
そこで過ごした夜についても、たくさんエピソードをお持ちです。

 

特に、砂漠で過ごした夜や、深夜列車の夜など、こちらも一緒に
旅をさせてもらった気分になります。

 

夜な夜な遊んだり、好きな人に会いに行くのにタクシーを飛ばしたり、
深い深い自分だけの夜の時間、そして、いつの間にか明けて行く空。

 

そんな日々を過ごしたことが、いつしか自分の姿と重なって、
ちょっと胸をキュンとさせながら読むのもまた良いのです。

 

この本の醸し出す雰囲気、私はすごく好きです。
明るい時間帯に読むより、やはり静かになった

夜中に読むのに最適な1冊。
夜の大きなゆりかごに身をゆだね、深い眠りにきっとつけるはず。

 

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com