うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

刻まれない明日:三崎亜記

刻まれない明日:三崎亜記著のレビューです。

 

刻まれない明日

刻まれない明日

 

 

 

◆うーーん。。。。

 

 

雪の積もった屋根が並ぶこの装丁の風景に、なんだかものすごく

惹かれるものがあり、思わずブックオフで購入。

 

「開発保留地区」

 

ここは10年前に、3095人の人が消え去った場所だという。

 

しかし、街では今でも彼らの気配を感じる不思議なことが

幾つも起こります。

 

一部の人にだけに鐘の音が聴こえたり、

ありもしないバスの光が遠くから見えたり、

消えた人からラジオ局にハガキの投稿があったり、

あるはずのない図書館分館で、利用の形跡があったりと…。

 

設定自体はとても面白いのですが、んーなんだろうな~。

この消えた人々の謎を解明していくのではなく、

残された側が、いかにしてこの出来事を乗り越えてゆくのかが

メインなのです。

 

もちろんそれはそれでいいのですが、

私個人としては、消えた側の謎の方が気になって気になって…。

そこの進展がまったくないまま、話が最後まで単調に進んでしまったので

読み終わってからの不完全燃焼感がかなりあった。

 

 うーん・・・・・。