うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

アンアンのセックスできれいになれた?:北原みのり

アンアンのセックスできれいになれた?:北原みのり著のレビューです。

 

アンアンのセックスできれいになれた?

アンアンのセックスできれいになれた?

 

 

 

◆女の性の歴史 ここにあり

 

 

やぁ~この本を読むと、改めてアンアンという雑誌が、
世の女性たちに新たな話題やライフスタイルを提唱し続けて
来たのだなぁ…ということがよく分ります。

 

アンアンは1970年3月2日に生まれた雑誌です。

当時は澁澤瀧彦訳の童話や三島由紀夫のエッセイ、石坂浩二
グラビアなどかなり華々しい雰囲気で出発したそうだ。

 

70年代のアンアンは読んだことがないのですが、
アンアンの歴史の中でもこの時代がある意味一番過激とも
思えるような内容が多いことに驚いた。

 

「あなたもマリファナをすいたくない?」(70.8・20)

なんて記事もあったくらい。また、レズビアン特集の多さも
この時期だったそうで…。

 

佐良直美さん、私もこの筆者同様、うっすら覚えがあるのですが、
そのような過去があったのか…と、当時の同性愛者の苦悩も含め
知ることが出来た。

 

話題は女性だけではなく、モックンが脱いだ!ダルビッシュが脱いだ!
と、いつの時代も尽きることがない。

 

というか、宮沢りえちゃんも、モックンも「伊右衛門」チームの
脱ぎっぷりは、潔かったですねー。今のグラビアとありがたみも
違ったというか…衝撃度が今と比じゃなかったよなぁ。
お二人とも、しっとりした、しかも貫禄ある大人になって
…やはり大物は違いますね!

 

最近爆発的に売れたと言われる雑誌「小悪魔ageha 」との比較も
興味深いです。こちらは、セックス特集を一度もしていないそう。

 

これには「セックスで傷ついている女の子が多いから。
もし、やるんだったら中途半端はできない」という明確な理由が
あるからだそうだ。

 

そして、この話には飯島愛さんが登場するのですが、
そのエピソードが今となってはこれまた切ないです。

 

ということで、当時の話題の人と、その時代背景を

思い出しながらかなり楽しめます。

 

「あった!あった!そういう特集!」と、興奮しつつ、

自分のそのときの年齢を計算してみたりと。

それにしても忘れていることがなんて多いこと…。

 

小柳ルミ子さん・大澄賢也さんの13歳年の差婚は遠い昔。
あの時小柳ルミ子さんは36歳。
「え、そんなもんだった?40代じゃなかったんだ?」と。

 

かなり衝撃的なニュースだったけど、今では

うんと年上の女性と20代の男性が結婚することも

さほど珍しくもなく、今ならルミ子さんの年の差婚
を聞いても驚かなかっただろうな~と思います。

 

ん~~、やはり時代とともに、意識の変化、

結構あるものですねぇ。

 

そして、最近のセックス特集にはDVDの付録まで

ついて来たとか。
ドキドキしながら読んでいたあの頃は、DVDの

存在すら知らなかった。いやぁ…遠くへ来たものだ。


さて、クイズをひとつ(笑)

☆第1回の「SEXしたい男」は?

1位 【      】
2位 明石家さんま
3位 マット・ディロン
4位 藤竜也
5位 吉川晃司
6位 舘ひろし
7位 郷ひろみ
8位 天宮良
9位 萩原健一
10位 所ジョージ

 

若い人は確実に分からないだろうなぁ~という俳優さんです。
当時は妻子持ち、余裕のある大人の男性が人気だったみたいですよ。