うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

けむたい後輩 柚木麻子

けむたい後輩 柚木麻子著のレビューです。

けむたい後輩 (幻冬舎文庫)

けむたい後輩 (幻冬舎文庫)

 

 

 

◆モヤモヤしっぱなし…気持ちがけむりに包まれちゃいました。

 

 

いやぁー、特に内容が難しいとか、つまらないわけではないのですが
とにかく、読むのに時間がかかった気がします。

 

数ページ読むと、疲れてしまうのか、小分け小分けにして読んで
しまったから、こんなに時間を要したのかなぁ。
(途中で眠ることもしばしば)

 

フェリシモ大学、良家のお嬢様が集まる横浜にある女子大。
昔から有名なカタカナ女子大と思われる舞台設定。
出て来る場所等、まんまです。
あの辺りご存じの方は出て来る風景が楽しめますよ~

(山手のドルフィンとか)

その大学での女子どものゴタゴタを描いたものです。

 

栞子は14歳の時、親の力を使って詩集を出版。大学生になっても
私は他の子と違うという意識が強く、アクの強いタイプであるが、
その裏では、男にのめりこみやすく、振りまわされる。
常にキャメルの煙草を吸っている。

 

真実子は栞子の後輩。身体が弱い。栞子に憧れ、付きまとう。
呼ばれればすぐかけつけ、その様子は恋する乙女そのもの。
携帯空気清浄機を持ってまで栞子に会いたがる。

 

この2人を中心に話が展開して行きます。

ずーっと、栞子って自分勝手で嫌な子だなぁ…と

いうモヤモヤした気持ち。
ずーっと、真実子の健気さってちょっと怖いという気持ち。

 

これは、女友達の話ではあるのですが、どちらの女性に

対しても自分が男目線になって見ると、付き合うのは難しい

タイプなんだろうなぁ…疲れるってこんな感じなんだろうなぁ…と

感じてしまった。

 

やがて、卒業してゆく女性達。
エピローグ…わずか15ページの空間で、胸がスカッとする。
やっぱりね、自信をつけた女性は強くて凛々しいねぇーと。

このエピローグがなかったら、救われなかったと思う。

 

女同士の人間関係は苦手って言う女性。
たまに見かけますが、案外こんな感じなのかな…
じゃ、どんな人間関係が得意なの?ってね。

 

柚木麻子さん、初めて読む作家さんでした。
現在30歳、第88回オール讀物新人賞を受賞。

 

章ごとのタイトル、なんのことやら?って

最初に思いましたが最後にもう一度見ると、

理解でき面白いです!!

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com