うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

レンブラントの帽子 :マラマッド

 

レンブラントの帽子 :マラマッド著のレビューです。

レンブラントの帽子

レンブラントの帽子

 

 

 

◆あなた、地雷を踏んでいませんか?

 

 

本書は1975年に集英社から刊行された短編集

レンブラントの帽子」から代表的な3編を抜粋し、復刊されたもの。

 

どれもちょっとした人間関係の難しさをテーマに書かれています。

 

「地雷を踏む」なんて言葉が我々の会話の中に出て来ることが

あると思うのですが、自分にとって何気なく発した言葉が、

相手を傷つけたり、黙らせてしまったりすることって

誰の身にも起こり得ること。

 

その場で「なんちゃってね」って、軽く済めば良いけど、

険悪なムードで取り返しのつかないことになってしまったら…。

 

そして、最悪なのは、なんでこの人を怒らせてしまったのか?
それすら分からなかったら?

…もう手に負えない。

 

レンブラントの帽子」もそんな「地雷」を踏んでしまった

一人の美術史家の苦悩を描いている。

微妙な人との距離やモヤモヤした気持ちで過ごす日々。

 

気まずい…気まずい…そんな時間を刻みながら、

「どうにかならないかな」と読者も悶々と…。

果たして二人に雪解けは訪れるのか?

 

決してインパクトの強い話ではないのだけど、

後からジワジワと心に広がっていく短編集です。

「地雷を踏む」シーンに遭遇したら、真っ先にこの話を
思い出してしまいそうです。

 

和田 誠さんの装丁画も含め、大変雰囲気がある本です。
夏葉社さんの選んだ本はやはり独特な趣がある!と、

再確認した1冊でもありました。