うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

招福堂のまねきねこ―またたびトラベル物語:茂市久美子

招福堂のまねきねこ:茂市久美子著のレビューです。

招福堂のまねきねこ―またたびトラベル物語 (学研の新・創作シリーズ)

招福堂のまねきねこ―またたびトラベル物語 (学研の新・創作シリーズ)

 

 

 

◆忙しいあなたをエプロンをかけたネコちゃんがお手伝い!?

 

 

 

ねこ。
ねこ。
右を向いてもねこ。
左を向いてもねこ。

どこを見てもねこだらけ。それがこの小説。

 

なんとなく気ぜわしい。
そんな時、「ネコの手も借りたい」なんて、日向でマイペースを
キープしているねこを恨めしく思ったりしませんか?

 

子育て中のゆき子さんも、忙しくて大好きな本を読む暇がない。
「せめて30分でも本を読む時間が持てたら…」と呟くと、
な、なんと、

飼い猫のモモが「私の手でよかったら、お貸ししますよ」と、
お手伝いを申し出る。

 

モモは小さいエプロンを作ってもらい、

毎日、家の中のことをこなしてゆくが、
やがてゆき子さんは、モモに家事を任せっぱなしになり、

ついにモモは家を出てしまった。

さて、モモは何処へ?戻ってくるのでしょうか?

 

またたびトラベルという本当に必要な人しか辿りつけない
不思議な旅行会社を通して人間と猫たちの物語が展開されます。

 

ねこは人間に近い存在だけに、人間のことをよく見ている。
ねこたちは助けてくれることもあるけど、欲を出して

努力しなくなった人からは離れていくというシビアな一面を

この話でしっかり見せてくれます。

 

本書に登場するねこたちはとてもチャーミング。
温泉に入るねこたち、耳かきをしてくれるねこ、

キャットセラピーをしているねこ、招きねこ。

 

ポツリポツリと挿絵の中に出てくるねこちゃんたちは
クスリと笑える子ばかり。

 

どの話も終わり方がとても癒される内容で、

次はどんなねこに出会えるのか?と、わくわくした気持ちで

読み進められるのも楽しかったです。

 

日ごろ忙しいと嘆いているあなた!
ポンポンと肩をたたかれ振り向くと「お手伝いしましょうか?」と
志願してくれるねこが、貴方のすぐ近くにいるかもしれませんよ。

─────そう思うだけでもだいぶ気持ちが和らぎませんか?(笑)