うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

えびす聖子:高橋克彦

えびす聖子:高橋克彦著のレビューです。

えびす聖子(みこ) (文春文庫)

えびす聖子(みこ) (文春文庫)

 

 

 

◆ひとつひとつ制覇していく感じがRPGっぽいです

 

 

古本屋さんでこのインパクトのある装丁が目に入り、

古事記」を絡ませた話のようだったので読んでみることにした。

 

一人の村の青年シコオが、鬼退治に出かける話で、
「桃太郎」を彷彿させられるような内容。

 

因幡の国を目指せ。」というお告げに従い出かけると、
そこには同じお告げを聞いた者たちがたくさんいることが

分かってきます。

 

その道中には様々な試練が用意されている。
いくつもの試練を仲間たちとともに知恵を出し合い、
力を合わせて進んで行く。


仲間たちとシコオが試練を乗り越えるごとに団結が強まり
人間として成長していくあたりがページを追うごとに感じられます。

 

見せ場はなんといっても最終場面。

黄泉の島へ行くまでに、次々に襲ってくる洞窟内に潜む蛇や蜂などに
果敢に向かっていくシコオ。

そのシーンは古事記の中で描かれている映像が
私の中でワァ―と広がりました。

 

そして、クライマックスまで正体がわからない「鬼」は

一体何ものなのか。

 

ひとつひとつ敵を制して行く感じ、仲間や武器の使いこなし等々、
読むRPGっぽいノリです。会話ベースで進んで行くので

より一層そんな雰囲気に思えたのでしょうか。
ゲームがそうであるように最後のシーンを見るまでは…

という気持ちにさせられます。

 

最後に里中満智子さんの熱い解説が待っています。

要所要所に古事記が絡まってくるのが面白い1冊。
個人的には中だるみが出ましたが、最後まで読む価値はありました。