うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

ビニール傘: 岸政彦

ビニール傘: 岸政彦著のレビューです。

ビニール傘

ビニール傘

 

 

雨宮まみさんが「東京を生きる」なら

           岸さんの本書は「大阪を生きる」だ。

 

 

大阪が舞台とあって本のなかにある街は私の中で勝手に描かれた風景。
実際登場する街はどんなところなのだろう....。なんてことをずっと考えていた。

グーグルマップで目標を一点に絞り込んで、
上空からずんずん降りて行った先には、
きっとこんな人々の日常が表れるのだろう。

人々が日々様々なことを考えながら職場に向かい、
ふとしたタイミングで出合いがあり、
ひとつの命が知らぬ間に消えてゆく。

ズームアップされたレンズの先を覗き込むと
そこかしこに人間ドラマが広がっていた。

景気の悪くなった大阪の街。
干からびたカップラーメンの容器がエレベーターに
捨てられたままになっているシーンなどが妙に心に焼き付く。

日のあたらない狭いワンルームマンション。
国道を行き来するバスやトラックの音は和歌山の海の音に似ていると
窓を開けっ放しにして寝ている女性の風景。
なにもかもが気だるく、もの哀しく感じるシーンも多い。

なんとなく繋がっている男と女、日雇い労働者、散らかった部屋
ビニール傘、バーミヤン環状線、廃墟ビル・・・・。

小説と捉えると掴みどころがなく、明確な筋があるものとも言えない。
しかしこの本の醸し出す空気や雰囲気は深い余韻を残す。

ふわふわしているようでどこか現実的であったり。
私が大阪の街をもっと知っていればもしかしたら
違った感想になったのかもしれないれど・・・。

好き嫌い分かれる小説であると思います。
映像的な小説で、事柄よりも情景を想像して読むのが好きな人に
よりフィットするのではないかな。

大阪を扱った小説と言えば賑やかなものを想像しがちでしたが、
本書はもの淋しさがあり、地元が恋しくなるような気分にもなりました。

岸さんのお名前は、雨宮まみさんの本を探しているときに知った。
おふたりの対談集があるようですが、たまたまこちらの本も知り、
読んでみたいと思った。

雨宮さん繋がりで知った一冊でしたが、雨宮さんも岸さんも
都会の中の渇いた感じや孤独感のトーンが大変似ていました。

雨宮さんの作品が「東京を生きる」であれば、

岸さんの作品は「大阪を生きる」であるように思えます。

お二人がどういう形で知り合ったのか興味が出てきました。