うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら:工藤美代子 

もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら:工藤美代子著のレビューです。

もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら (幽ブックス)

もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら (幽ブックス)

 

 

 

◆昨晩食べたものを話す感覚で、お化けの話を…これが案外怖い!

 

 

お化けの話は たくさんあるけど この本は本当に恐かったなぁ。
お化けと共存しながら生活している作者にとっては 
ごくごく普通のこととして捕らえ 淡々とその出来事を綴っています。

 

夜中の読書で恐い話は慣れているので途中で読むのを
止めることなどない私ですが、2話読んだところでその日は挫折。

 

というのも、ひとつの話が終わると その最後のページに その話に
まつわる人物や場所の写真があるのですが、この写真が話をより
リアルにしてしまうのです。

 

そろそろこの話は終わりに近づく…次ページの写真がうっすら
今読んでいるページに透けて写ると、めくろうかどうかかなり躊躇して
しまいました。

 

そんなことの繰り返しで15の話。病院、お墓、海外、自宅…
様々な場所で出会う不思議な出来事。
どこかで聞いたような話でもあるが 新鮮な驚きの連続でした。

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com