うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

河童が覗いたトイレまんだら:妹尾河童

河童が覗いたトイレまんだら:妹尾河童著のレビューです。

河童が覗いたトイレまんだら (文春文庫)

河童が覗いたトイレまんだら (文春文庫)

 

 

 

◆トイレから見える意外性がたっくさん!

 

 

以前、番組でマツコ・デラックスさんが「全裸じゃなきゃ排便出来ない」
と言っていた。
私の以前の上司も、ズボンとパンツを脱がないと排便出来ないとのことで、
結構、トイレタイムが長かった(笑)

 

そんな、トイレでのエピソードって、その人の意外性が覗けて面白い。
どこでどうそういう癖が身についてしまったのか?人間って謎多き

生き物ですよねぇ。

 

昨年も、トイレ関係を数冊読みましたが、個人のお宅のトイレ拝見

というものは初めてで大変興味深い内容でした。

 

個人と言っても、相当な著名人のトイレです。

1989年~「文藝春秋」に掲載されていたもので、

引っ越しや建て替えなどで、中にはこれらのトイレは

もう存在していないものもあるでしょう。


故人になった方もちらほら…。ともかく52人のトイレ取材はやはり凄い。
記録としても大変貴重です。

 

私的には、こんなところでまさか「吉行淳之介」のトイレが見られるとは
思わなかったので嬉しかったなぁ。取材でのやり取りやエピソードも

楽しかったし、何と言ってもどんなトイレを使っていたのかと、

和式、洋式のトイレをガン見状態でした。

 

本書はトイレを上空から見てイラスト化しています。

そこに細かい情報が多数掲載。

 

それ以外に、取材された内容がこれまた充実していて、

冒頭に述べたようなその方の意外なトイレでの癖や、

日常生活が垣間見れて、怖そうに思えた方もちょっとした

 親近感が持てたりします。イラストは色なしなので、

壁やタイルの色を自分で想像してイメージを作って行くという感じも

楽しいです。

 

田原総一朗さんの便器の蓋の話。

九重親方陣幕親方)の相撲界のトイレ事情。
阿川佐和子さんのエチオピアの山の中の村のトイレでの爆笑話。
CW・ニコルさんの陽気なおなら自慢大会の思い出話。

等々、楽しい話が次々出てきます。

 

トイレからその人の意外な一面が

浮かび上ってくるという仕掛けにしたい。

 

妹尾河童さんの意図したことが、しっかり反映された一冊に

仕上がっていると思います。

 

そう言えば、以前TVで見た女優の高木美保さんのトイレは、

もはやリビングのような使い方で冷蔵庫も完備。印象的でした。

トイレの空間をこよなく愛している方結構多そうですよねぇ~。

 

この本を読んで改めて自分んちのトイレをじっくり観察。
そして、ちょっと模様替えでもしてみようかな…という気分にもなりました♪