うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

書店員が本当に売りたかった本 :ジュンク堂書店新宿店

書店員が本当に売りたかった本 :ジュンク堂書店新宿店のレビューです。

書店員が本当に売りたかった本

書店員が本当に売りたかった本

 

 

 

◆私たち、本にはいつも 片想い

 

 

本書は2012年3月に閉店をした、ジュンク堂書店・新宿店のお話。

閉店前の「本音を言えばこの本が売りたかった!!フェア」はネットを介して、
「棚がアツい!」「本への愛情が炸裂している!」と話題になったことで
ご存じの方も多いだろう。

 

この本は書店員の本に対する愛情がいっぱい詰まった本です。
何よりも注目すべき点は、書店員の個性的な手書きのPOP。

 

本屋に行くとたいして興味のなかった本でも、このPOPからの熱い気迫が
伝わって来て思わず買ってしまった経験が皆さんにもあると思います。

 

そんなPOPをただひたすら写真掲載したものですが、

まさに「本気」そのもの。

 

ここでこの本を選んでおかないと、今後フェアなどで、

二度と日の目を見ることがないかも…
この1カ月だけでも主役に!という書店員の愛情がひしひしと

感じられるのです。

 

無理を言って僅少本の最後の数冊を出庫された出版社もあったという。

なので、本棚はいつもは決して一緒に並ぶことのない本達が

並んでいたりするのです。
そして、POPがありとあらゆる場所に咲き乱れていました。

 

ということで、

このPOPを読んでは本のタイトルをメモるという作業に入る私。
10冊くらいすぐにでも読みたい本があがりました。

 

第5章に入ると、いよいよ最後の日の様子が掲載されています。
スカスカになった本棚と書店員たちの充実した表情…。
これだけでも、ひとつのドラマを見ているようで、

胸が熱くなりました。

 

私たちもこうして日々、書評を書いていてるので、

短い言葉でいかにその本の素晴らしさを伝えられるか…

という難しい部分を感じているわけですが、
そういった部分でも、この本は共感する部分も多いと思います。

 

私たち、本にはいつも 片想い。

大きな貼紙に書かれた言葉。あぁ~良いなぁ。
そしてPOPは片想いの本や作家へのラブレター。
文句なく、いい本でした。