うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

天の陽炎―大正浪漫伝説: 栗本薫

天の陽炎―大正浪漫伝説: 栗本薫著のレビューです。

天の陽炎―大正浪漫伝説 (角川文庫)

天の陽炎―大正浪漫伝説 (角川文庫)

 

 

 

◆ベタやなぁ…と何度思ったことか…

 

 

久しぶり昼のメロドラマを見せられた気分…。

「何しに来たんです?あぁ…何をなさるの…ダメ…お止めになって…」

的な世界でした。

 

18歳で玉の輿に乗った真珠子

しかし、年の離れた夫は真珠子の美貌にだけ関心があり
着せ替え人形のように扱うだけで、それ以外は彼女に無関心。
お金持ちということで、何不自由ない環境。このままずっと退屈な人生を…

 

あーありがちです。そこで、必要なアイテム!
そうです、そうです。破天荒な大陸浪人なる男が彼女の前に現れ、
彼女を力ずくで身も心も奪っていくという、分かりやすーい

展開になるわけです。

 

どんどん彼に染められていく真珠子

イヤヨ、イヤヨもスキのうち  イヤヨ、イヤヨもスキのうち

  
この言葉が何度も襲ってくるような二人の濃厚な会話に

ちょっとうんざりしながらもどうなるのか気になる。

 

使用人に彼との逢瀬を知られ、またまたその使用人に犯される真珠子
しかも、ワイルドな彼はお金を奪い中国に渡ってしまうし…。

もぅ…なんていうか…。
でも、あんだけ嫌だ嫌だ言ってたのに、1年経っても彼のことが

頭から消えずなんです。

 

居なくなった彼との日々を振り返り、妄想する日々。

女の悲しい性ってやつですかね。
そしてようやく会えたんですけどね。

 

しかし…

キャーーなんつぅ、結末。

 

大正浪漫伝説、装丁画、そして内容紹介文を読んで、これは面白そう、
情熱的で一途な愛を貫く感じかなぁーと思って読んでみたのですが
「軽い」……。

 

まぁ、最終シーンが思ってもみなかった展開だったので最後まで
読んで良かったとは思いますけど、こんなにも自分が思っていたものとの
ギャップが激しかった小説はある意味珍しい。
こういうことも、まぁ、たまにありますよね。ブツブツ…