うずまきぐ~るぐる

本の紹介や日々のことをぐるぐるかきます

東京百景 (ヨシモトブックス) :又吉直樹

東京百景 (ヨシモトブックス) :又吉直樹著のレビューです。

東京百景 (ヨシモトブックス)

東京百景 (ヨシモトブックス)

 

 

 

◆拝啓 ピース・又吉直樹

 

 

拝啓 秋冷の候、いかがお過ごしでしょうか。

 

貴方の本を読みました。
購入場所は、下北沢のヴィレッジヴァンガードです。
私が入り浸っている本のサイトの仲間から、貴方の選び抜いた本100冊を並べた
又吉直樹の本棚」があるということを教えてもらい、早速見に行ったのです。

 

店内の片隅に設置された貴方の選んだ本たちは、どれも雰囲気のある
渋いものが多く、魅力的でした。
ずっと眺めていましたが、それらの本の中で私の手に吸いついたのが、
貴方の書いた「東京百景」でした。

 

ビニールのカバーがかかり、布ばりを感じさせられる装丁。
芸能人の本とは思えないほどある意味地味だけど、落ち着いていて、
美味しい珈琲が横にある風景が似合いそうな感じのいい本ですね。

 

貴方の本を読んでまず感じたのは「ずるいよ」という言葉。

だって、文才があるだけじゃなく、人を笑わせる才能もあるのだから。
そんな人が書いた文章、つまらないわけがない。

 

しかも、その文章から伝わってくる静かで優しい人柄が、
いつしか気持ちを温めてくれました。

 

じんわり来たと思ったら、ストンと落されクスクス笑ってしまったり、
どうしたら、こんな不思議な妄想が描けるのだろう…なんて話が
「百」も登場する。

 

なんだか私は貴方と「にらめっこ」しているみたいに、
笑うと負けの気がしてきて、次の話に挑むようになる。

 

で、私は途中から噛みしめるように読みたくなり、
毎日少しずつ読むことにしたんです。
そしたらより鮮明に貴方の見た「東京」がイメージ出来た気がします。

 

貴方の過ごしてきた多くの場所は、私にとっても馴染みの場所。

それらの場所で、職務質問をされている人に目を留めることはなかったけど、
これからはちょっと気にしてみようと思います。
もしかしたら、貴方が諦めモードの表情でそこにいるかも知れないから。

 

冗談はさておき、貴方に教えてもらった本を何冊か読みました。
これからも、貴方の選んだ「リスト」から少しずつ読みたいと思っています。

 

さてこれから、「<東京百景>おもろかったよ。」と、仲間たちに
知らせに行きます。
より多くの人たちへ、読書の秋にこの1冊をおすすめしたくなりました。

 

今後も貴方のご活躍を、ひそかに応援しております。   
                                       敬具

 

 

uzumaki-guruguru.hatenablog.com

uzumaki-guruguru.hatenablog.com